• HOME
  • BLOG
  • グルメ
  • エルディングの街とホテルのバー:2019ドイツ旅・ミュンヘン編3

エルディングの街とホテルのバー:2019ドイツ旅・ミュンヘン編3

 
9月10日(火)

まだまだドイツ旅初日です。

ミュンヘン空港から車で15分。
エルディングという街のホテルに到着しました。
白ビール「エルディンガー」の醸造所直営「ホテル ツム エルディンガー ヴァイスブロイ」(Hotel zum Erdinger Weissbräu)です。

f:id:meinereise:20190929221703j:plainf:id:meinereise:20190929144137j:plain

 
短い滞在ですが、街を散策し、ビールを飲みます。


旅程

 
f:id:meinereise:20190918021621p:plain

2レグ目まで終了しホテルに到着。

www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me

 
上記の過去記事、すべて1日の出来事です。
既にぐったり……。

そして、翌日は午前11:20の飛行機でウィーンです。
自分でたてた計画ですが、慌ただしい。

ホテル周辺

 


ホテルのチェックインが済み、部屋に荷物も広げました。
街を少し散策します。

f:id:meinereise:20190929143500j:plain

ホテルのすぐ横に銀行「Sparkasse」。
銀行なのに可愛い!

上(というか実際は奥)に見える塔は聖ヨハネ教会です。
エルディング最大の教会らしい。

ホテルの向かいに、もう一つ教会。

f:id:meinereise:20190929143549j:plain

こちらは聖母教会。
塔はホテルの部屋からも見えます。
中はアートセンターになっていて、展覧会やイベントなどを催しているらしい。

その先に花で飾られたとびきり可愛らしい建物が。

f:id:meinereise:20190929143523j:plain

なんとエルディングのお役所です。
町役場というくらいの規模でしょうか。

f:id:meinereise:20190929143512j:plain

「Rathaus」と書いてなかったら役所と思わなかったでしょう。

さらに進むともう一つ塔がみえます。

f:id:meinereise:20190929143535j:plain

工事のクレーンの影が長く伸びています。
「美しい塔」(Schöner Turm)という名前ですが、これは多分、旧市街の「門」ですね。車が通って行きます。

門の外へ出ず、ホテルの前の通りへ戻ります。

f:id:meinereise:20190928103423j:plain

ホテルの表側、レストラン側です。

f:id:meinereise:20190929143603j:plain

奥に聖ヨハネ教会の塔が見えます。

f:id:meinereise:20190929143620j:plain

この通りはずっとパステル調の建物が並んでいます。

短いですが散策はこれで終了。

醸造所見学ツアーも

醸造所は見学ツアーも行っています。

de.erdinger.de

車で5分程度

 
今回泊まったホテルは、エルディンガーの公式サイトでも醸造所併設のホテルと表現されていますが、醸造所はホテルから北西へ車で5分程度の場所にあります。

www.erdingerbeer.jp



見学ツアー、参加してみたかったけれど、この日の夕方はすでに満員だったのかチケット購入できず断念。

でも参加できたとしても、この時すでにかなり疲れていたので、キャンセルしたかもしれません。

食欲もないし、もうベッドで眠りたい気分。

でもせめてビールは飲まなくちゃ!

ウェルカムドリンク付き

 
実はホテルの部屋にウェルカムドリンクのバウチャーがありました。

f:id:meinereise:20190928103659j:plain

ホテルの会員でもなく、安い部屋に1泊するだけなのに、素晴らしい!

というわけで1階のバー「クラブ・ナンバー3」へ行ってみました。
スパークリングワインか白ビール(小)のどちらかがいただけます。
当然白ビールを選択。

f:id:meinereise:20190929143850j:plain

日本で飲むエルディンガーに感じるクセのようなものが一切ありません。
白ビールとは思えないほどサッパリしています。
やっぱり新鮮なんだなあ。
これが本来の味なのでしょう。

ビールは鮮度が命。
ドイツでは、ビールは「醸造所の煙突が見える場所で飲むもの」だとか。
冷蔵や輸送の技術が発達して、日本でもドイツのビールを美味しくいただけるのはうれしいことですが、やはり現地ならではの味というのはありますね。

ドリンクと軽食メニュー

 
ビールは「飲むパン」とも言うし、食欲がないのでビールだけでもいいのですが、飲むと食欲が増進され(^^;)ちょっと食べようかという気になります。

せっかくなので、ビールももう1種類くらい飲みたいし。

というわけで、メニューをもらいました。

スープとサラダ

 
f:id:meinereise:20190929143917j:plain
f:id:meinereise:20190929143930j:plain

サラダ(Salate)は金額からしてもボリュームがありそうなのでスープにします。

スープは「Hausgemachte Rindfleischbrühe(自家製牛コンソメ)」。

4種類ありますが、一番上の「Bayrische Breznsuppe(バイエルン風プレッツェルスープ)」にしました。

f:id:meinereise:20190929144119j:plain

プレッツェルが、揚げてあるのか表面カリカリで、コンソメに合う!
このスープ、見た目以上にとっても美味しかったです。
これを食べにもう一度ここに行きたいくらい。
(プレッツェル大好きなので……)

そしてビールによく合います。
ビールが一層美味しく飲めてしまったので、もう1杯!

ビール

 
ウェルカムドリンクで出てきたのは、メニュー2番目の「Weißbier(白ビール)」と書かれたもの。

f:id:meinereise:20190929144002j:plain
f:id:meinereise:20190929143944j:plain

ほかにもたくさんあって悩むぅ……。
さんざん迷った末、2ページ目の「Urweisse(昔ながらの白)」にしました。

f:id:meinereise:20190929144137j:plain

こちらは味も香りもしっかりしています。

先ほどの方が洗練されて現代的ですが、私はこちらの方が好みかもー。

スープとビールで計7.30ユーロ。
チップ込みで8.00ユーロ、現金で支払いました。
1000円くらいです。


今回は時間がないので無理でしたが、何日も滞在してビールも食事もいろいろ試してみたいです。
バーだけでなくレストランもあるし。
一泊だけじゃもったいなかったな。
またぜひ泊まりに来たいと思いました。


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA