ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

出発遅れ「もう間に合いません」:2019ドイツ旅・往路編1

 
9月10日(火)
 
今回のドイツ旅はいきなりトラブルからスタート。
 
f:id:meinereise:20190918021328j:plain
 
自ら招いたものではあるのですが……。
 
 
<目次>

 
 

旅程

 
f:id:meinereise:20190918021621p:plain
 
まずは7:10発のANA便で羽田から関空へ向かい、関空からミュンヘンへ飛びます。
 
 

バスを1本遅らせたのが失敗だった

 
自宅近くから羽田へのバスは始発に乗る予定でした。
 
しかし旅行準備が整わず。
急げばバスの時間に間に合わなくもないけれど、余裕を持って準備するとちょっと間に合わない。
急ぐと必ず忘れ物するし、次のバスでもギリギリ間に合ったはず、と思い、40分後の便に変更しました。
 
これが失敗でした。
 
次のバスだと羽田空港に着くのが出発時刻の35分前。
ラウンジに立ち寄る時間がなくなるけれど、国内線だから30分あれば間に合う、と思ったのです。
実際、過去に国内線を利用した時や、国内線から国際線に乗り継いだ時は、そのつもりで出発して間に合っていました。
 
トラブルなく順調にいけば間に合うはず。
でもトラブルがあると間に合わなくなる……ということに思い至りませんでした。
 
 

いつもガラガラのバスが満席

 
もう、バスを待つ間に失敗したと思いました。
列に並んでいると、どんどん人が増えて、今まで見たことがないほど長い列に。
 
これは尋常じゃない。
なぜ? 
 
と考え、気づきました。
 
昨日は台風で欠航が相次いでいた! 
 
当然、昨日から今日の便に変更した人もいるでしょう。
しかも、この時点では知らなかったのですが成田空港は一時「陸の孤島」と化し、千葉県内は停電で大変なことになっていたのです。
成田から羽田に変更した人もいるでしょう。
台風の影響、自分には関係ないと思っていましたが、甘かった。
 
実際、バスはほぼ満席でした。
 
このバスいつもガラガラなのに。
乗客が多ければ多いほど荷物積載など対応に時間がかかり、バスの所要時間も長くなります。
これは……。
まずかったかも。
 
と思ったけれど、もうどうしようもありません。
 
 

空港は大混雑

 
早朝の空港行きバスは予定より10〜20分早く着くことが多いのですが、この日は5分程度の短縮にとどまりました。
出発まで約40分です。
 
そして、案の定、羽田は早朝と思えない混雑ぶり。
チェックインカウンターも荷物預け機もずらり人が並んでいます。
 
 

チェックインされていない

 
プラチナ会員の特権を生かして「プレミアムチェックイン」を利用。
 
f:id:meinereise:20190918021328j:plain
 
SFC修行の恩恵を感じましたが、それでも数組並んでいました。
 
しかも何かトラブルがあったのか、スタッフ皆さん電話したり何か調べたりしていて、1人1人の対応にやたらと時間がかかっています。普通じゃない様子。
 
ようやく自分の番になってeチケット控えを出すと「チェックインはお済みですか?」。
 
済んだというメールはいただきました。
 

下はメールの画面。
 

f:id:meinereise:20190918053653p:plainf:id:meinereise:20190918053701p:plain

 
左が羽田-関空、右が関空-ミュンヘンのモバイル搭乗券になっています。つまりミュンヘンまでのチェックインは済んでいるはず。
 
でもスタッフは難しい顔をしてコンピューターをいろいろ操作しています。

不安……。
 
そういえば、チェックイン完了メールが来ればいつもはiPhoneのWalletアプリに搭乗券がダウンロードできるのに、今回はできなかった。
国際線に乗り継ぐからどうせカウンターで手続きが必要だし……と深く考えなかったけれど、同じ条件でも過去にはダウンロードできていたはず。おかしい。
 
事情はわかりませんが、やっぱりチェックインできていないようです。
 
 

国際線乗り継ぎなら30分前まで

 
そしてスタッフから、荷物を預けるのはもう間に合わないと言われました。
 
えっ⁈
 
あとでANAサイトを調べると、国際線への乗り継ぎがある場合は30分前までに手続きを済ませるよう書いてあります。
 
www.ana.co.jp
 
混雑していなければギリギリ間に合ったはずですが……。
本当にバスを遅らせたのが悔やまれます。
 
スタッフからは、次の便へ振り替える選択肢も提示されました。
 
でも次の便だと関空からのミュンヘン便に間に合いません。
 
そう伝えると、スタッフはあちこちに連絡したり指示をあおいだり。
長く感じましたが、トータルでせいぜい10分くらいでしょうか。
 
結局、
 

  • 荷物は搭乗口で預ける
  • 関空で一旦荷物をピックアップし再度預け直す

 
……という手順になりました。
 
つまり、荷物をこのカウンターで預けていると間に合わないので搭乗口で。
チェックインは緊急的に国内線部分のみ済ませるので、残りは関空で。
 
詳細の説明はありませんでしたが、たぶんそういうことだったのだと思います。
 
 

搭乗口が遠い

 
関空までの搭乗券はその場で発券されました。この券には6:53の表示が残っているので、この時点で出発まであと17分。
保安チェックを済ませ、スーツケース2個を引きずりながら搭乗口まで急ぎます。
 
若い女性スタッフが預け入れ荷物の大きい方を引っ張って、誘導してくれました。
 
ここでまた不運なことに、搭乗口が67Aとやたら遠い! 
 

f:id:meinereise:20190918024606g:plain
搭乗口案内 | ANA

 
空港到着時に搭乗口を確認したときは34だと思ったのに。都合よく見間違えた? 
 
「プレミアムチェックイン」は保安検査場Cのところにあります。
搭乗口34なら目の前ですが、67Aは「9分」と書かれています。
 
女性スタッフに促されて走ります。
しかし私は年齢もさることながら、ひどい運動不足。途中で走れなくなる体たらくです。
スタッフは大きい方のスーツケースを引っ張って、どんどん走っていきます。
若いとはいえ、ヒールの高い靴でよくあんなに走れるなあ……と感心。
 
なんとか搭乗口にたどり着くと出発時刻10分前でした。
まだ他の乗客も搭乗中です。よかったー。
その横のカウンターで荷物を預け、搭乗口へ。
一緒に走ってくれた女性は、カウンターのスタッフから荷物を積む作業を手伝うよう指示されていて、お礼を言う間もありませんでした。
何から何まで申し訳ない! 
ありがとうございました。
おかげでなんとか滑り込みセーフ。
 
 

反省の弁

 
今回は出発からいきなりトラブルでした。
 
自業自得としか言いようがありません。
 

  • 前日の台風の影響でリムジンバスが混雑し、思ったほど早く到着しなかった
  • 前日の台風の影響で羽田空港が異常に混雑していた
  • チェックインのシステムに何らかのトラブルがあった
  • 搭乗口が思ったよりはるかに遠かった

 
と、悪いことは重なるものです。
 
思惑通りだったら、あと10分早く空港に着き、空港はガラガラ、チェックイン済みなので手続きはスムーズ、搭乗口も目の前。
 
あの時間に出発しても十分間に合っていたはずでした。
 
でも、一つ歯車が狂うとこんなことになってしまうのです。
 
海より深く反省!
これからは早めの行動を心がけようと心に誓い、機内に乗り込みました。
 
席に着き「これで予定に追いついたから、もう後は大丈夫」と安堵。
 
しかし実は、まだこの後もトラブルを引きずることになるのです。