• HOME
  • BLOG
  • ドイツ旅
  • ブリュッセル空港ラウンジ&ANAビジネスクラスで成田へ:2019ドイツ旅・ベルギー編6

ブリュッセル空港ラウンジ&ANAビジネスクラスで成田へ:2019ドイツ旅・ベルギー編6

 
9月14日(土)

ブリュッセル観光を終え、成田へ向かいます。
ANAのビジネスクラスです。

f:id:meinereise:20191031010406j:plain

ブリュッセル空港では、ブリュッセル航空のラウンジを利用しました。 


ブリュッセル観光まとめ

 
4レグ目でブリュッセルに入り、トランジットでブリュッセル旧市街を観光しました。

www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me

ブリュッセル到着が11:05、出発が21:10。
10時間の滞在でした。

旧市街観光では歩き疲れて早めに空港へ戻りましたが、ラウンジに着いたのが18:20ごろ。
つまり到着時刻からからボーディングタイムまで7時間あれば、このくらいの観光はできるということになります。

しかも、かなり迷走しながらの観光だったので、これより短時間で効率よく観光することは十分可能。

ブリュッセルでトランジットの際は、旧市街観光をオススメです! 

ブリュッセル空港の非シェンゲンラウンジ

 
空港に戻り、出国審査と保安検査を経てラウンジへ向かいます。

f:id:meinereise:20191101112940j:plain

途中、大きな窓から飛行機がよく見えます。

f:id:meinereise:20191101113004j:plain

ANA機も搭乗口に待機。
これに乗るのかな? 

日本に向かうので非シェンゲン。
ターミナルBです。

案内に沿って歩くと、ラウンジが並ぶフロアに出ました。

f:id:meinereise:20191031010311j:plain

まず、ブリティッシュ・エアウェイズのラウンジ。
ワンワールド系の指定ラウンジです。

f:id:meinereise:20191031010343j:plain

次にプライオリティ・パスやダイナースクラブカードで使える「ダイアモンドラウンジ」。

ここもかなり充実しているらしいのですが、今回は立ち寄りませんでした。

f:id:meinereise:20191031010406j:plain

ルネ・マグリット的な「We love surrealism」(シュールレアリズム大好き)というポスターを見ながら奥へ進みます。

f:id:meinereise:20191031010428j:plain

一番奥にブリュッセル航空のラウンジ。
スターアライアンス系はこちらです。
ANAの指定ラウンジも当然ここ。

生ビール4種類

 
中はかなりコンパクトでした。
人も多く、しかも時間が進むに従って日本人ばかりに。

f:id:meinereise:20191031010448j:plain

ドリンクコーナー。
コーヒーメーカー、果物、フレーバーウォーターが並び、下の冷蔵庫にもソフトドリンクが入っています。

写真右端にスピリッツ類の瓶が写っています。

f:id:meinereise:20191031010510j:plain

さらにその右にコンパクトなビールサーバー。

昨年のドイツ旅で立ち寄ったターミナルA(シェンゲン)のブリュッセル航空ラウンジ「THE LOFT」と同様、STELLA ARTOIS、Leffe Bronde、Leffe Brune、Hoegaardenの4種類のベルギービールです。

www.meinereise.me

その右にワイン。
別に軽食コーナーもあったと思いますが、極めてコンパクト。

シェンゲンのラウンジが豪勢だったので期待したのですが、まさかの簡素さ。

日本でいえば、国内線ラウンジが豪勢で国際線は簡素というようなもので、ちょっとびっくりです。

とはいえベルギービール、しかもLeffe Brondeの樽生を是非飲みたいと思ってきたのですから、まずは目的のものから。

f:id:meinereise:20191031010536j:plain

念願の専用グラスです。
美味しいー。
飲めてよかった。

どんどん混雑してくる

 
しかしこの後、どんどん混雑してきて、ビールもう1杯と思ったときにはタンクのビールが切れてしまいました。
グラスも補充されず。

補充が遅いのはTHE LOFTも同じでしたから、混雑時は諦めるしかありません。

ANAの成田便出発が近づくと非常に混雑するので、利用するなら早めに入室した方が良さそうです。

混雑時はダイアモンドラウンジに移る手もアリかも。
ダイアモンドラウンジも状況は同じかもしれませんが。

ANAビジネスクラスでブリュッセル→成田

 
帰国便はANAのB787-9です。

www.ana.co.jp

f:id:meinereise:20191031010602j:plain

座席は6K。
スタッガードです。

f:id:meinereise:20191101124636j:plain

アメニティキットは「グローブトロッター」のポーチ。
クリーム類は雪肌精です。

 
www.ana.co.jp

f:id:meinereise:20191031010636j:plain

ウェルカムドリンクはお決まりのスパークリングワインをいただきました。

1食目

 
食事は洋食を選択。

アミューズ

 
f:id:meinereise:20191031010655j:plain

フォアグラムースとアーモンド
ドライトマトと茄子のロースト パプリカのプロシェット
海老のマリネ

前菜、スープ、パン

 
f:id:meinereise:20191031010714j:plain

シーフードとロメインレタスのサラダ仕立て サウザンアイランドドレッシング
コーンスープ
3種のブレッドをバターとオリーブオイルとともに

メイン

 
f:id:meinereise:20191031010735j:plain

サーモンのソテー オリーブとトマトソース

牛肉との選択でした。

デザートにピエールマルコリーニ

 
f:id:meinereise:20191101195552j:plain

フルーツ

f:id:meinereise:20191101195631j:plain

胃が疲れているので珍しく紅茶にしてみました。
チョコレートはピエールマルコリーニ! 

「ベルギー便だからですか?」と尋ねたところ、CAさんがベルギーにいる間に購入しているのだそうです。
特別サービスですね! 

旅の疲れに加え、トランジットのブリュッセルで歩き続けた疲れも出て、フルフラットのシートでぐっすり眠りました。

2食目

 
起きると2食目です。
オムレツの気分ではなかったので和食を選択。

しかし、うっかりしてました。

f:id:meinereise:20191031010756j:plain

小鉢

ほうれん草と油揚げの煮浸し

主菜

鮭柚香焼き
白御飯
味噌汁、香の物

鮭! 
1食目とかぶりました。

けっこう好きですが、連打で食べるほどでもなく……。

1食目を肉料理にすべきだった。
痛恨。

と言いつつほぼ完食。

デザートのアイスもベルギーチョコ

 
食後にコーヒーをいただきました。

f:id:meinereise:20191031010815j:plain

ハーゲンダッツもベルギーチョコレート。
デザートはベルギー感満載でした。

美味しかった。
ごちそうさま。

日本到着

 
ユーラシア大陸から日本海へ抜け、新潟あたりから本州上空へ。

f:id:meinereise:20191031010839j:plain

遠くにうっすら富士山が見えました。
「おかえりー」って迎えてくれているみたいでうれしい。

日付が変わって9月15日(日)の午後。
予定通り、成田に到着しました。

この後、リムジンバスの時間を待つため到着ラウンジに行きました。

昨年のドイツ旅でも、帰国時に到着ラウンジを利用しました。

www.meinereise.me

今回は写真撮っておらず……。
昨年と同じってことでお許しください(^^;)
ただ、昨年と違ってすごく混雑していました。
時間帯の問題でしょうか。

というわけで、2019ドイツ旅完了です。

とはいえ今年はJGC修行でもう1回ドイツに行く予定。
2019ドイツ旅その2?(笑)
楽しみです。


関連記事

  • コメント ( 4 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. kazooman

    ゆーさま
    チョコレートはピエールマルコリーニ?!
    さらには ハーゲンダッツでベルギーチョコレートってあるんですね~。私が無知で知らないだけなのか…?
    アイスはあまり食べないのですが これは おいしそう!

  2. meinereise

    ハナサクcoroさま

    コメントありがとうございます。
    なるほど!気付きませんでしたが、ハーゲンダッツのベルギーチョコレート味は日本未発売かもしれませんね。もしかするとベルギーご当地フレーバーなのかも。
    ベルギーチョコレートってやっぱり美味しいですよね。

  3. kazooman

    年内に もう一度ドイツが とてもうらやましい。
    2019ドイツ旅その2も楽しみです。

  4. meinereise

    ありがとうございます! 
    2019ドイツ旅その2は、まだ詳細を考えているところです。こうご期待!

CAPTCHA