リモワ免税手続き:2017ドイツ旅・復路編1

9月27日。
ドイツ旅5日目。帰国の途に着きます。

復路のルートはこちら。

f:id:meinereise:20171207003511p:plain

フランクフルト空港で「ファーストクラスラウンジ」ならぬ「ファーストクラスターミナル」を利用したい! という野望(?)のためにわざわざフランクフルトを経由するルートを選びました。

うまく思惑通りファーストクラスターミナルを利用できるのでしょうか。

しかし、その前にミッションがあります。
ベルリン・テーゲル空港で、初の免税手続きにチャレンジします。

ホテルをチェックアウト

こちらのホテルに2泊していました。

www.accorhotels.com

このホテル、本当に快適に過ごせて、とっても気に入りました。

場所もいい。部屋の窓からの景色も最高。
何よりスタッフが行き届いていて、裏技でゴールド会員になった「なんちゃってゴールド」の私も、VIP気分をしっかり味わえました。

www.meinereise.me

空港までは路線バスで1本。便利です。料金は2.8ユーロ。

www.meinereise.me

そのため当然バスに乗るつもりでしたが、出発が予定より若干遅れたのと、この日も雨がちだったので荷物が面倒だなあと思っていたところ、ホテルのフロントの方が「タクシーを呼びましょうか?」と訊いてくれました。

全然考えてなかったのですが、言われてみれば、それで悩みは一発解決!

タクシー、呼んでもらいました。

ベンツのタクシーで空港へ

ベルリンのタクシーは、多くがクリーム色のベンツ。快適です。

乗っていると、途中で運転手さんから搭乗する便名を訊かれました。
スマホで搭乗口を調べて、最も近い入り口に着けてくれるのです。

テーゲル空港は独特な形で、六角形の建物の周囲に飛行機が並びます。
タクシーで六角形の内側に入れるので、車を降りて建物に入ると、そこはもう搭乗口前です。チェックインカウンターもそこにあります。

f:id:meinereise:20181004233736p:plain
https://www.berlin-airport.de/de/_dokumente/reisende/lageplaene-sxf-txl/txl-terminals-de-en.pdf

タクシー料金はチップ込みで28ユーロ支払いました。請求はたぶん25ユーロだったと思います。
降りたところで、ベンツと運転手さんを記念撮影させてもらいました。

f:id:meinereise:20171207005550j:plain

リモワも2個一緒に写っています。
小さい方はベルリンで買ったばかりで中は空っぽ。これから免税手続きをします。

免税手続きをする前に

手続きには、事前に決めておかなければいけないポイントがありました。

その1・どの空港で手続きする?

ドイツの免税手続きについては、ルフトハンザのサイトで説明があります。

http://www.lufthansa.com/online/portal/lh/jp/local?nodeid=1910863www.lufthansa.com

読んでみると、つまり、私の旅程の場合

・当該荷物を預けるなら、ベルリンでスタンプをもらって、ミュンヘンか羽田で払い戻し。
・当該荷物を機内持ち込みにするなら、ミュンヘンでスタンプをもらって、ミュンヘンか羽田で払い戻し。

ということのようです。
(郵送して振り込みで受け取ることは考えていません)

その2・荷物を預ける?

今回対象のリモワミニは、余裕で機内に持ち込めるサイズです。
中も空なので軽い。
それでも、移動中ずっと持ち歩くのはやっぱり面倒です。

どうしようかなあ……。

少々悩みましたが、やっぱり機内持ち込みにしました。
こんなに小さく、空っぽなのに、大きくて重い荷物ばかりのところに預けるのは可哀想な気がして。

となると、「ミュンヘンでスタンプをもらって、ミュンヘンか羽田で払い戻し」ということになります。

その3・乗り継ぎ時間が短い場合は?

今回の私の旅程の場合、フランクフルトでは異常に長く滞在しますが、その分ミュンヘンは1時間程度しかありません。
結構ギリギリ。
っていうか、もし時間に余裕があるなら、むしろミュンヘンのファーストクラスラウンジに入りたい!

フランクフルトも時間はありますが、ファーストクラスターミナルを満喫するための時間です。

ファーストクラスターミナル内でバトラーさんが免税手続きを代行してくれたという記述もネット上で見かけましたが、その後、否定情報も見かけたので、やめることにしました。

うーむ。
そもそも、乗り継ぎ時間が短いことって、よくありますよね。

そんな時は「スタンプはベルリンでもらい、荷物は預けて、羽田で払い戻し」が正解のようですが……。
一般的に考えて、割れ物とか精密機械とか、絶対に預け入れたくないものを免税手続きしたいことだってあるでしょう。
私も今回は預けたくないのです。

それに、飛行機の乗り継ぎは何が起こるかわかりません。時間に余裕があると思っていても、時間がなくなることだってあります。
EUを出る最後の空港で手続きするとなると、ハブ空港に限られますから、そこにEU各国の旅行者が集中するわけで、混雑することだってあるでしょう。

実際、ある旅行会社のサイトでは、EU最後の空港ではなく各国での手続きを推奨しているのを見かけました。

ネットでいろいろ調べてみましたが、その辺、あまり厳密ではなさそう。
免税手続きは「EU最後の空港で」とは言うものの、いろいろ解釈の余地もあるようです。

いざ、免税手続き

ということで、ベルリンで手続きしてみることにしました。
ダメならフランクフルトかミュンヘンですればいいし。

チェックインをして搭乗券を受け取る

空港に入り、搭乗口前のカウンターでチェックインを済ませます。

免税手続きには免税書類、パスポート、搭乗券が必要。
なので先にチェックインしてチケットをもらわなくてはなりません。

そうそう、往路に引き続き、今回もミュンヘン→羽田はファーストクラスです。
そのチケットも含め全行程分を発券してもらいましたが、テーゲル空港では何の特別感もありません。

往路の時は羽田で舞い上がっていましたが……。

www.meinereise.me

カウンターはファースト・ビジネスクラス用が、エコノミー用と分かれていますが、それだけです。国内線ですからね。

*追記
テーゲル空港にもファーストクラス専用のチェックインカウンターがあることに、翌年気づきました!
知っていればこちらでチェックインしたのになあ……。

www.meinereise.me

テーゲルで対象品を預ける場合

ちなみに、免税の対象品が入ったスーツケースを預ける場合は、普通は、その旨を伝えると荷物にタグをつけていったん返してくれるらしいですが、ベルリン・テーゲル空港の場合は違うようです。

先に免税手続きをしてからチェックイン、らしい。

免税手続きは搭乗券ではなく「eチケット控え」でいいらしい。

私は試していないので、真偽を含めよくわかりません。トライする方はご注意ください。
(とはいえ、下記の通りあまり厳密ではないようなので、心配無用かも)

「Zoll」カウンターを探す

サクッとチェックインを済ませ、免税手続きの場所を教えてもらいました。

「A15の近くのサービスセンターにある」そうです。

f:id:meinereise:20171207005813j:plain

A15を通り過ぎると……

f:id:meinereise:20171207005834j:plain

広場に出ました。
左側に「Service Center」の入り口があります。

f:id:meinereise:20171207005934j:plain

写真左上に「Center」の文字だけ写っていますが……。
ひっそりしていて、見逃してしまいそうです。

右に写っている看板の一番下に
「Tax Refund」
「Zoll Customs」
の表示があります。

「Zoll Customs」で書類を出してスタンプをもらいます。

f:id:meinereise:20171207005908j:plain

免税書類、パスポート、搭乗券

ここで免税書類、パスポート、搭乗券を出します。

免税書類は買い物をしたときにお店の人が作ってくれたものです。

3点セットを出すと、あっさりスタンプを押してくれました。
隣にある「Tax Refund」で支払いを受けられるそうです。

あれ?
対象の品物、チェックするはずが、見ようともしませんでした。

っていうか、このカウンター、品物チェックする仕様になっていないような……。

まあいいや。
受け取り手続きもできるようなので、隣の「Tax Refund」のカウンターへ。

「Tax Refund」のカウンターでも、書類を出したり、言われた通りに記入したりすると、あっという間に返金されました。

f:id:meinereise:20171211012957p:plain

一緒にもらったレシートです。

339ユーロでの購入に対して、「Refund」が36ユーロ。
現金(ユーロ)での返金を選んだので、手数料3ユーロを引かれて、手元に帰ってきたのは33ユーロでした。

リモワミニは339-33=306ユーロで購入したことになります。
買った時のクレジットカードのレートで41,745円。

www.meinereise.me

日本で正規販売店で購入すると、今調べたら51,840円でした。
1万円ほどお安いですね。20%offです。

しかし。

免税手続き、拍子抜けするほど簡単でした。

ベルリン・テーゲルはちょっと特殊なようなので、他の空港はもっと厳格なのかもしれません。

まあ、結果オーライということで(笑)。

フランクフルトへ

もうとっくに搭乗開始時刻は過ぎています。
搭乗口に向かいます。

リモワミニ、くるくる回る

ベルリン・テーゲル空港は、搭乗口前にチェックインカウンターがあり、横からそのまま荷物検査へと入れるようになっています。
そして検査を済ませばそこは搭乗待合室。

f:id:meinereise:20171207005258p:plain
http://www.berlin-airport.de/de/_dokumente/reisende/lageplaene-sxf-txl/2016-12-27-txl-terminals-de-en.pdf

荷物検査に列ができていましたが、たぶん全員が同じ便に乗る人のはずなので、焦る必要はありません。
しかしここはビジネスクラスの権利を生かして優先レーンへ。

普通に検査を通過し、荷物が流れてくるのを待っていると、出てきたリモワミニを検査員の人が台の上でコマのように回しました。

か、かわいい……。

f:id:meinereise:20171029024035j:plain
写真は帰宅後に撮影したものです

検査で空っぽなのが分かったんで、回したんでしょうね。

職員や周りの乗客の皆さん、見て微笑んでいます。荷物検査場の厳しい空気が、一瞬和みました。

マウスがお見送り

飛行機は、ビジネスクラスと言っても3席並びの中央を空けてあるだけ。足元の広さはエコノミーと変わりません。ヨーロッパ内の移動ではいつもそうです。

機材はA321です。

f:id:meinereise:20171211015053j:plain

搭乗が遅めだったため、頭上の棚は満杯。
仕方なく、リモワミニは自分の前の座席の下に、バッグはその隣、空いている中央の前の座席の下に置きました。

靴を脱いでリモワミニを足置き代わりにすると、結構快適です。

f:id:meinereise:20171211030448j:plain

ドイツのテレビ番組のキャラクター「マウス」をあしらった飛行機がお見送りしてくれているかのようです。
ついに出発。ベルリンともお別れです。

機内で朝食を

安定飛行に入ると、ビジネスクラスなので機内食が出てきます。

典型的なドイツの朝食。

f:id:meinereise:20171207010132j:plain

見た目はイマイチですが、思いの外、相当美味しいです!
写真のハム、チーズ、パン(下にバター)、ヨーグルトに加えて、オレンジジュースとコーヒー。
すべてが美味しかったです。

この後にいろいろ美味しいものを食べる機会があると分かっていながら、ついつい完食してしまいました。
ちょっと味見のつもりだったのに。ドイツの朝食、大好きなので……。

そうこうするうちフランクフルト到着。

復路最大の目的地、ファーストクラスターミナルを目指します。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA