ルツェルンの美しすぎる街並み:2018ドイツ旅・スイス編4

 
f:id:meinereise:20181013064024j:plain
朝のルツェルン湖畔

9月8・9日(土・日)

ルツェルンの街があまりに美しいので、散歩がてら写真を撮りまくりました。

街に到着した日の午後と、翌日の早朝に撮影した写真を紹介します。


8日(土)の午後

 
前回書いた通り、午後はゼー橋からカペル橋(Kapellbrücke=礼拝堂橋)方向を見ると逆光で暗くなってしまいました。
赤い花も真っ黒で何も見えません。
そのため逆方向からの撮影が中心になりました。

カペル橋

 
f:id:meinereise:20181011185453j:plain

ホテルの前に橋の入り口があり、観光客で賑わっています。奥にリギ山(Rigi)。

f:id:meinereise:20181011185504j:plain

湖と逆(西側)なら赤い花もちゃんと見えます。

f:id:meinereise:20181011185519j:plain

対岸にはイエズス教会。
2本の塔に玉ねぎ型ドームが乗っています。

f:id:meinereise:20181013064626j:plain

カペル橋の1本西側の橋、ラートハウスシュテーク(Rathaussteg=市庁舎橋)からの眺め。湖岸のホーフ教会の2本の塔が中央奥に見えます。

ルツェルン湖

 
正確にはフィーアヴァルトシュテッター湖(Vierwaldstättersee)=四つの森の州の湖。スイス政府観光局が日本語で「ルツェルン湖」と表記しているので踏襲。

f:id:meinereise:20181011185538j:plain

湖とリギ山。

f:id:meinereise:20181011185548j:plain

右端に見えるのはコンサートを聴きに行ったKKL(ルツェルン文化会議センター)です。

9日(日)の早朝

 
午後の景色も十分キレイだったのですが、やはり朝は空気が澄んでいるからか、より一層美しくて、あっちこっちも、ずっと見ていられる景色ばかりでした。

ルツェルン湖

 
f:id:meinereise:20181011185620j:plain

湖の奥のリギ山からご来光。ゼー橋から撮影しました。
もう少し早く来れば山からの日の出の瞬間が見られたなあ。

f:id:meinereise:20181011185634j:plain

湖岸の街もうっすら明るく、日中より美しく見えるような気がします。

ピラトゥス山

 
f:id:meinereise:20181011185657j:plain

ゼー橋の南西方向を見ると、ピラトゥス山(Pilatus)のフォルムがくっきり。 

カペル橋

 
f:id:meinereise:20181012221403j:plain

前日は黒く見えた橋の花が、朝はこんなにキレイに見られます。

f:id:meinereise:20181011185745j:plain

カペル橋、水の塔と、ピラトゥス山のコラボ。

f:id:meinereise:20181011185759j:plain

橋の屋根裏には、歴史を伝える板絵が並んでいます。

橋から川沿いを望む

 
f:id:meinereise:20181011185813j:plain

カペル橋から、宿泊したホテル「des Alpes」の並びの建物を撮影。
塔があるのは市庁舎(Rathaus)で、川沿い部分はビアホール(Rathaus Brauerei)になっています。

イエズス教会

 
ロイス川(Reuss)の南側、カペル橋のそばにある玉ねぎ二つの教会がイエズス教会(Jesuitenkirche)。

f:id:meinereise:20181011185828j:plain

ガイドブックによると「1666年、スイスで初めて造られたバロック様式の建物」。対岸の市庁舎などに比べると、女性的な優美さに目を奪われます。

f:id:meinereise:20181011185849j:plain

正面の装飾はシンプル。

f:id:meinereise:20181011185909j:plain

内部はきらびやかです。

f:id:meinereise:20181011185920j:plain

フランシスコ教会

 
イエズス教会のすぐ近くにもう一つ教会があります。
フランシスコ教会(Franziskanerkirche)です。

f:id:meinereise:20181011190049j:plain

f:id:meinereise:20181011190034j:plain

ガイドブックによると「スイスで最も美しいゴシック様式の建物」だそうです。

f:id:meinereise:20181011190105j:plain

内部は装飾的です。特にフレスコ画が見どころ。

f:id:meinereise:20181011190116j:plain

パイプオルガンもありました。

もう一つの木の橋と城壁

 
f:id:meinereise:20181011190328j:plain

ロイス川沿いを西に進むと、もう一つの屋根付きの木橋、シュプロイヤー橋(Spreuerbrücke)があります。
奥の高い建造物はムーゼック城壁(Museggmauer)のメンリ塔(Männlitrum)でしょうか。
本当は城壁に登りたかったのですが、時間が足りず断念。

フレスコ画の街

 
ロイス川の北側は旧市街。フレスコ画が描かれた建物がたくさんあります。

ヒルシェン広場(Hirschenplatz=鹿の広場)。

f:id:meinereise:20181011190215j:plain

下2枚はヴァインマルクト(Weinmarkt=ワインマーケット)という名の広場。

f:id:meinereise:20181011190356j:plain

f:id:meinereise:20181011190411j:plain

おしゃれな看板

 
フレスコ画とともにおしゃれな看板もたくさんありました。

f:id:meinereise:20181011190441j:plain

広場の名前通りの鹿(Hirsch)。

f:id:meinereise:20181011190506j:plain

横道に見えたホテル「Krone」(王冠)の看板。

f:id:meinereise:20181011190521j:plain

「Gasthaus zur Metzgern」。名前通り「肉屋さんの民宿」なのでしょうか。

f:id:meinereise:20181011190541j:plain

プレッツェルの看板ですが、パン屋さんではなくレストランです。


本当に、どこを見ても美しいです。

リギ山とかピラティス山も登ってみたくなります。登山鉄道で行けるようだし。

船で湖をぐるりと観光というのもいいですね。

時間に余裕ができたら是が非でも再訪したいです。


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。