• HOME
  • BLOG
  • SFC・JGC
  • [SFC修行]1回目の3:クアラルンプール空港のターミナル移動

[SFC修行]1回目の3:クアラルンプール空港のターミナル移動

f:id:meinereise:20180609160150j:plain
クアラルンプール国際空港(KLIA)で撮影

5月27日(日)。
初めてクアラルンプールに来ました。
SFC修行のおかげです。修行していなかったら来ることはなかったでしょう。
「KULタッチ」なので「クアラルンプールに行った」と言えるかどうか微妙ではありますが……。

入国しないつもりでしたが、修行1回目はLCCを利用したため、到着ターミナルと復路のANAの出発ターミナルが異なり、否が応でも入国する羽目になりました。

ターミナルの移動も、初めての身にはひと仕事です。

制限区域外へ

クアラルンプールには予定より30分ほど早い6:00ごろ到着しました。
到着ロビーを目指して、広い空港をひたすら歩きます。

入国審査で指紋採取

f:id:meinereise:20180609200343j:plain

「Arrival Hall」の方向へと進みます。

f:id:meinereise:20180608221838j:plain

入国審査です。

手続きでは、指紋を取られました。
左右の人差し指を3回、スキャナーみたいな装置で撮影され、なんとなく犯罪者扱いのような気分。

日本も外国人の入国審査では指紋採取しているんでしたっけ。

いつもヨーロッパを旅している時にはこんなことしないので、ちょっと引っかかります。
それぞれの国のルールなので仕方ないのですが。

それでも入国手続きは特に問題なく終了。荷物は預けていないので、受け取り場所をスルーし、そのまま制限区域外に出ました。

この時点で6:30。到着から約30分です。
途中、トイレに寄って顔を洗ったりしたので、純粋な所要時間は20分程度だったのではないかと思います。預け入れ荷物がないから速いですね。

無料シャトルバスを探す

さて、ターミナルを移動しなくてはなりません。

現在いるのが、主にLCCが発着する「klia2」(なぜか小文字)。
復路のANAは「KLIA」(こっちは大文字)。

移動には「KLIAエクスプレス」が便利らしいのですが、2リンギットかかります。
ちょっと時間はかかりますが、無料のシャトルバスもあります。

機内で買い物したおかげで、手元にはおつりの7リンギットがあります。

f:id:meinereise:20180608002510j:plain

そのうち2リンギット を使ってKLIAエクスプレスに乗ってもいいのですが、時間もたっぷりあるし、ネット上で無料シャトルバスの情報が少なかったので、無料バスを試してみることにしました。

オレンジ色の丸いマークが目印

f:id:meinereise:20180608223319j:plain

案内板の右側、上から3番目が「KLIAエクスプレス」、4番目が無料シャトルバスです。

f:id:meinereise:20180610155902j:plain

オレンジ色の丸いマークがちょっとかわいい。
この表示をひたすら追って歩きます。

ターミナル間移動には有料バスもあるので、このマークを目印に探しましょう。

ファミリーマートの横を下る

f:id:meinereise:20180608223740j:plain

歩くと数分でファミリーマートが見えました。
壁にシャトルバスのマークがあります。

f:id:meinereise:20180610160122j:plain

すぐ手前のエスカレーターを降りると、1階のバスターミナルに出ます。

乗り場は1階の「A10」

しかし、バスターミナルのどこに無料バスの停留所があるのか分かりません。

探してウロウロしていると、「ask me」と書かれたカウンターが目に入りました。
男性が2人立っています。

「ふえあ・いず・ふりーばす? くりーあ?」
(Where is free bus? KLIA?)

と片言の英語で尋ねるとフレンドリーな感じで「エイテン!」(A10)と言いながら大体の方向を教えてくれました。

f:id:meinereise:20180608224038j:plain

見つけました!
エスカレーターを降りて左側出口から建物の外に出ると停留所が並んでいます。
その一番左端です。

制限区域外に出てからの所要時間は10分程度でした。
迷わなければ5分くらいかな。
分かりにくくもないし、遠くもない。不便というようなことはありません。

20°Cなのに汗が噴き出す

バスターミナル(建物外)に出るとものすごく蒸し暑くて、立っているだけで汗が噴き出します。
早朝で、まだ薄暗いのに。
バスの中で外気温が表示されましたが、なんと20°Cでした。
実際の気温より、はるかに暑く感じます!
これがクアラルンプールの暑さなんですね。
バスを待つ間、建物の中に戻ろうかと思ったほどです。
乗ってきたエアアジアXの機内が過剰なくらいの低温・低湿度でしたが、そうしたくなる気持ちが分かるような気がしました。

無料シャトルバスに乗る

ちょうど1本行っちゃったばかりだったので、汗を拭き拭き待ちました。

10分ごと、24時間運行

f:id:meinereise:20180608224351j:plain

来ました!
「FREE SHUTTLE」と書いてあります。
丸いマークも付いています。
間違いありません。無料シャトルバスです。

このバス、10分に1本来ます。
しかも24時間運行。
便利ですねー。

LTCPに寄ってからKLIAへ

車内には「LTCP-KLIA-klia2-LTCP」と書かれており、klia2の次に「LTCP」へ立ち寄ってからKLIAへ行くことが分かります。

LTCPは「Long Term Car Park」の略。つまり長期駐車場です。

www.klia2.info

乗り換えが必要

LTCPに到着するとけっこう皆さん降ります。
「空港へ自家用車で来た地元の人ばかりなのかなあ」などと考えてのんびりしていたら、気づくと車内に残っているのは私一人。

運転席を見に行くと、運転手さんもいません。

これはまずい!

と思って降りようとすると、戻って来た運転手さんが私を見てびっくり!

コントみたいです(笑)。

お互いジェスチャーで意思疎通を図りました。
前に停車しているバスに乗り換えればいいと教えてくれています。

運転手さん、乗り遅れちゃいけないと思ってくれたのでしょう。慌てて教えてくれて、いい人だなあと、ほっこりしました。
さっきバス乗り場を教えてくれた人も親切だったし。
クアラルンプールの人は親切ですね。

バスを乗り換えると、さっきのバスにいた人たちはみんな乗っていました。危ない危ない。

毎回必ず乗り換える必要があるのか、この時たまたまなのか、分かりません。

ご利用の方はお気をつけください。

KLIAでは「Door No.4」で乗り降り

そんなこんなで「KLIA」到着。
バスの所要時間は乗り換えも含めて20分程度でした。

KLIAの無料シャトルバス乗降場所は、1階の「Door No.4」です。

f:id:meinereise:20180608224500j:plain

写真はバスを降りてエレベーターで出発フロア(5階)に上がったところ。
オレンジ色の丸いマークと「Door No.4」の案内が記されています。

f:id:meinereise:20180609203022j:plain

KLIAからklia2へ移動したい場合は、LTCPに寄らず直接行ける分だけ速いし(多分10分程度)、一層便利だと思います。

f:id:meinereise:20180609171813j:plain

迷いながら急がずのんびりターミナルを移動しましたが、まだ7:30前です。

復路出発は14:15。
時間はたっぷりありますが、さっさとラウンジを目指します。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA