メルキュールホテル銀座東京に宿泊

 
10月下旬の週末、銀座に一泊してきました。

f:id:meinereise:20181124175752j:plain

「メルキュールホテル銀座東京」です。

関東在住なのに、銀座に宿泊って意味不明ですが(笑)。

ちょっと狭いけれどわりと気に入っているホテル。ご紹介します。


なぜ銀座に宿泊?

 
実は数年に1回、夫と二人で銀座あたりに泊まるということをしています。

銀座は私にとって通勤圏内です。
なのになぜ泊まるのかというと

帰るのが面倒くさいからです(笑)。

今回はディナーを予約した店があり、それとは別にランチで訪れたい店もあり。

一旦帰宅して翌日また銀座まで来るのが面倒。

もっと言うと、ディナーでアルコールもたっぷり飲んだ後に電車で帰るのが面倒。

どーでもいい理由です。はい。すみません。

なぜこのホテルを選択?

 
www.accorhotels.com

ホテルの選択には理由があります。

メルキュールホテルは、アコーホテルズ系列だから。

アコーホテルズのゴールド会員

 
私は昨年のドイツ旅の前に、裏技を使ってアコーホテルズのゴールド会員になりました。

www.meinereise.me

たった90ユーロ(1ユーロ=130円なら11,700円)でゴールド会員になったワケですが、その恩恵は今年末まで享受できるのです。

1万円ちょっとでドイツ旅2回と銀座宿泊2回がVIP待遇です。(ブログに書きませんでしたが、実は昨年もこのホテルに同じ時期に泊まりました)

我ながら欲張りすぎな気がします(^^;)

駅から直結の便利な立地

 
アコーホテルズ系列とは言っても、場所が悪かったら考えてしまうと思うのですが、このホテルは有楽町線の銀座一丁目駅直結なので、大雨の日でも濡れずに行けるというメリットがあります。

もちろん大雨でなくても便利な立地です。
今回の目的のお店は銀座一丁目から四丁目の間に集中していたので、文句なしの場所でした。

宿泊プラン

 
予約したプランは「スーペリアルーム: クイーンサイズベッド1台、禁煙」。

www.mercureginza.jp

実際に宿泊したのも同じプランで、ゴールド会員特典のアップグレードはありませんでした。「部屋が空いていれば」という留保つきの特典なので、当然こういうこともあります。

おそらく19㎡。正直言って、2人で泊まると狭さを感じます。
34,170円のところ、アコーホテルズ利用で貯まった2000ポイントを利用し、40ユーロ割引で28,859円でした。
銀座で土曜泊ですから、多少お高いのは仕方ないでしょう。2人で2万円台なら許容範囲と考えました。

部屋は改装したばかり

 
室内は昨年と少し雰囲気が変わったと思ったら、改装したばかりだったそうです。

f:id:meinereise:20181111114642j:plain

フランスのホテルらしい、可愛らしい内装です。けっこう好きなテイスト。

f:id:meinereise:20181111112655j:plain
f:id:meinereise:20181111112715j:plain
f:id:meinereise:20181111112735j:plain

アメニティはメルキュールオリジナルの品でした。

f:id:meinereise:20181111112751j:plain

ゴールド会員の特典

部屋に日本酒とミルフィーユ

 
f:id:meinereise:20181111112617j:plain

部屋にはウェルカムドリンクの日本酒の小瓶と、ウェルカムスイーツがありました。

私は日本酒が飲めないので夫に謹呈しましたが、スイーツはいただきました。

ベルンというお店のミルフィーユです。

f:id:meinereise:20181124174536j:plain

ミルクチョコ、スイートチョコ、ヘーゼルナッツチョコの3種類が1本ずつ入っていました。
これ、そうとう美味しい!

と思ったら、けっこう有名みたいですね。後で調べてびっくり。確かに、ホント美味しかったです。

バーでも1杯

 
これとは別に、バーで1人1杯いただけるウェルカムドリンク券ももらいました。
タイミングが合わず行き損ねたのが残念。

昨年いただいた時は、ビールやワインなど数種類から選べました。なんとウォッカもメニューにありましたよ。ウェルカムドリンクにウォッカって珍しい!

今年もあったのか確認できませんでしたが、部屋に日本酒があって、それとは別に1杯いただけるのは、かなりうれしい特典だと思います。

日本にいながら外国気分

 
このホテル、料金はユーロを基本とした円換算だし、メールは英語で届いたりするし、予約システムのベースが欧州仕様なのですが、ホテル自体も外国気分が味わえます。

宿泊客は圧倒的に外国人が多く、フロントも普通に英語で対応しています。もちろん私のような日本人が訪れれば日本語で対応してくれますが。

スタッフも外国人の方が何人もいて、またそれが当然といった雰囲気、なんの違和感もなく、外国のホテルに来たかのような錯覚を覚えるほどです。

銀座という土地柄もあるのかもしれませんが、こういう特別な雰囲気が味わえるのも楽しくて気に入っています。

ちょっと狭くて割高感はありますが、次に銀座に泊まる時もまた利用したいと思っています。


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA