ウィーン空港から市内へ:2019ドイツ旅・ウィーン編2

 
9月11日(水)

ドイツ旅2日目。

ウィーンの空港に到着しました。
ホテルへ移動します。

f:id:meinereise:20191006011456j:plain

まずはバスで西駅へ。


旅程

 
f:id:meinereise:20190918021621p:plain

3レグ目が終わったところ。
ミュンヘン出発は少々遅れましたが、12:30ごろには到着しました。
荷物もすぐにピックアップできました。

市内へ向かいます。

空港からウィーン市内への行き方

 
www.wien.info

この ↑ ウィーン観光局のサイトを見ていただくのが一番ですが、私が使ったことのある市内アクセスについて簡単に記しておきます。

CAT

 
シティエアポートトレイン(CAT)は、空港からミッテ(Miite)駅までノンストップ16分。
片道12ユーロ、往復21ユーロ。
ネットで事前購入すれば11ユーロと19ユーロです。

https://www.cityairporttrain.com/en/home

少々お高めですが、速いし快適。

特にウィーンを出発する際(帰国時など)は、ミッテ駅でチェックインと荷物預け入れができてしまうので超便利です! 
ホテルをチェックアウトして、ミッテ駅で荷物を預けてしまってから、もう一度観光なんてこともできちゃいます。

このサービスが利用できるか否かは航空会社によりますが、スターアライアンスはOKなので、大抵大丈夫だと思います。

Sバーン「S7」

 
Sバーンは日本でいうJR在来線みたいなもの。
一番安く市内まで行けます。
ミッテ駅まで片道4.20ユーロですが、複数日ウィーン市内乗り放題の「◯時間券」を使う場合は、ウィーン市域までの1.80ユーロだけでOK。

所要時間もミッテ駅まで25分。それほどかかりません。

ただ、電車の乗り降りやミッテ駅での乗り継ぎの際、荷物を運ぶのがちょっとたいへんだった記憶があります。
10年近く前の経験なので、今は変わっているかもしれませんが。

バス

 
「ウィーン・エアポートライン」というリムジンバスがあります。

www.wien.info

行き先はいろいろ。
料金は片道8ユーロ、往復13ユーロ。

今回は西駅近くのホテルに泊まるので、西駅行きのバスを利用します。
西駅までは40分程度です。

乗り場の自販機でチケット購入

 
到着ロビーからバスターミナルへ。

f:id:meinereise:20191006011204j:plain

中央駅経由・西駅行きは07番乗り場。

f:id:meinereise:20191006011332j:plain

飛行機12:30ごろ到着で、13:00発のバスに余裕で間に合いました。
30分おきに運行しています。

乗り場にある自動販売機で往復チケット(1カ月有効)を購入。
クレジットカードが使えます。
英語表示があるのでハードルは高くありません。

f:id:meinereise:20191006011408j:plain

バスが来ました。
観光名所のイラストがかわいい。

f:id:meinereise:20191006011456j:plain

前から乗って、ドライバーにチケットを見せるとサインしてくれます。

f:id:meinereise:20191007233210j:plain

↑ 右下の枠、HFが往路、RFが復路。
それぞれのドライバーがサインしたものです。

ドライバーからチケットを買うこともできますが、時間がかかってしまうので、事前に買った方がいいでしょう。

西駅

 
40分かからずに西駅(Westbahnhof)に到着しました。

ÖBB

 
f:id:meinereise:20191006014042j:plain

ウィーン・エアポートラインはÖBB西駅前のバスターミナル発着です。

ÖBB(Österreichische Bundesbahnen=オーストリア連邦鉄道)は日本のJRみたいなもので、S-BahnもÖBB。

f:id:meinereise:20191006015557j:plain

ネット上では時々「QBB」という表記を見かけますが、QではなくÖ(オー・ウムラウト=Oが変音したもの)です。
ロゴのÖがQを逆さにしたようなデザインなので紛らわしいんですね。

西駅はその名の通りウィーンの西側のターミナル駅で、ヴァッハウ渓谷などへ遠出したい場合もここから行けます。

駅の構内にはスーパーをはじめショップがたくさん入っていてとても便利。

Uバーン

 
f:id:meinereise:20191006012118j:plain

こちらはU-Bahn(地下鉄)西駅の入り口。

U3とU6が通っています。


路線図(PDF)


オレンジ色のU3は東西を走っており、シュテファン大聖堂広場(Stephansplatz)まで5駅。
3駅目のフォルクス劇場(Volkstheater)では、観光名所をまわるのに便利なリング通りの路面電車に乗り換えることができます。

茶色のU6は南北を走っており、オペレッタやミュージカルの劇場「フォルクスオーパー」の最寄駅 Währinger Straße / Volksoper まで6駅。

観光の拠点としてアクセス抜群です。

ここの地下にも24時間営業だったか?遅くまで開いているスーパーが入っていて便利です。

路面電車

 
f:id:meinereise:20191006012758j:plain

ÖBBとU-Bahnの間に、目指すホテルへ行く路面電車Strassenbahn(トラム=Tram)の6と18の停留所があります。

それ以外にも西駅周辺にはたくさん路面電車乗り場があるので、乗り間違えないよう番号と行き先を確認しましょう。

72時間券を購入

 
ÖBB構内の自動販売機で72時間券を購入しました。
(24時間券、48時間券もあります)

f:id:meinereise:20191007233345j:plain

17.10ユーロ。
こちらもクレジットカードが使えます。

これがあれば市内のSバーン、Uバーン、路面電車、バスは72時間乗り放題です。
(観光用バスなど一部乗れないものもあります)

購入時刻と72時間後の時刻が印刷されており、このままで有効です。
チケットによっては使用開始時に自分で打刻しなければ有効にならない場合があります。

ウィーンを含むドイツ語圏はだいたい改札がなく、時々抜き打ちで検札がきます。
その時に有効なチケットを持っていないと問答無用で高額の罰金を取られるらしいので、チケットはきちんと購入して、必要な場合は打刻しましょう。

ホテルへ

  
ホテルまでは6か18の路面電車で1停留所。
歩いてもいいのですが、荷物もあるし、72時間券を買ったので乗って行きます。

f:id:meinereise:20191006020701j:plain

西駅の隣「Mariahilfer Gürtel」の停留所です。

写真中央奥の白い建物は西駅のすぐ横のビルです。

歩いても近いんですけどね。
滞在中は西駅まで往復とも必ず路面電車を使いました。

昼は歩くと暑いし。
夜は乗った方が安心だし。

と、言い訳。

そして、ホテルはこの停留所の目の前です!


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA