台風で…移動ルートも変更:妙高・金沢旅行2

 
f:id:meinereise:20191119123824j:plain

10月12〜14日の3連休は、台風19号が直撃しました。

我が家は妙高高原・金沢旅行を決行。
台風を避けて出発を1日早めたため、3泊4日が4泊5日になってしまいました。

台風19号は関東直撃のはずだから、ここまで来てしまえば大丈夫!……と思っていたのですが。

更なる事態が待ち受けていたのです。


台風被害は北陸や信越にも

 
4泊5日に変更した経緯はこちら。

www.meinereise.me

台風が来る前に、妙高高原の温泉宿に移動しました。

妙高高原では2泊しました。

2日目はさすがに暴風雨で、時間帯によっては露天風呂に入れませんでしたが、影響はその程度。

でも、長野や妙高の近隣地域では土砂崩れも起きていました。

えちごトキめき鉄道ストップ

 
2泊した後の10月13日(日)。

元々の予定では、妙高高原駅から「えちごトキめき鉄道妙高はねうまライン」で上越妙高まで行き、そこから北陸新幹線で金沢まで行くはずでした。

f:id:meinereise:20191121181753j:plain

こんな ↑ 感じ。

手元には妙高高原から金沢までの乗車券と、上越妙高から金沢までの新幹線特急券があります。

しかし、TVのニュースやネットの情報をかき集めて分かったのは

  • えちごトキめき鉄道妙高はねうまラインは、少なくとも午前中運休。その後は不明
  • 北陸新幹線が動かない
  • ということでした。

    特に新幹線は車両基地が水浸し! 
    あの映像は衝撃的でした。

    こうなると、とにかく、在来線を乗り継いで移動するしかありません。

    えちごトキめき鉄道のサイトを見ると、妙高高原駅と次の二本木駅との間で土砂崩れがあり、二本木駅から先なら午後に運行再開の可能性があるようです。

    宿でチェックアウト後もしばらくロビーでのんびりさせてもらい、11時半ごろタクシーを呼んで二本木駅へ行きました。

    予定外の二本木駅

     
    f:id:meinereise:20191119123520j:plain

    二本木駅に到着すると、元鉄ちゃんである夫が、突然「この駅舎、修繕はしてるけど、駅舎自体は昔のままなんじゃないかな? 写真撮っておいて!」と激しく興奮(笑)。
    そんなこと見ただけで分かるのか……。
    元撮り鉄、恐るべし。

    閑話休題。

    二本木駅は一応人がいて助かりました。
    とはいえ駅員さんではなく、併設のカフェの人です。

    まだ運行再開の情報はなく、カフェでお茶しながら待たせていただきました。

    f:id:meinereise:20191119123439j:plain

    私はコーヒー。
    クッキーが付いてきました。

    駅の絵のカップがかわいい。
    トレーもおしゃれです。

    f:id:meinereise:20191119123502j:plain

    夫はパンケーキセット。
    手前のはバターではなくアイスクリームです。

    合わせて600円でした。 

    f:id:meinereise:20191119123543j:plain

    二本木駅はスイッチバックの駅なんですね。
    駅舎が本線から外れた支線?の行き止まりにあります。



    スイッチバックで有名なのか、カフェがあるからなのか、ここでは本来、この週末にファン向けイベントが予定されていたそうです。

    台風で中止になったものの、イベントで販売するはずだったグッズを買いに来る人が、1時間ほどの間に2組もいました。

    運行再開

     
    13時ごろ待ちに待った運行再開の連絡が! 

    想定通り、妙高高原駅と二本木駅の間はダメなので、二本木駅が始発となります。

    良かったー。

    ホームへ移動。

    f:id:meinereise:20191119123708j:plain

    誰もいない。

    f:id:meinereise:20191119123630j:plain

    この電車に乗ります。
    2両編成!

    私たち以外は数人しか乗りませんでした。

北陸新幹線もストップ

 
一方の北陸新幹線。

結局、富山−金沢間だけ運行再開となりました。

富山から先だけ新幹線に乗ってもねー。

ということで全部在来線で行くことにしました。

新幹線に乗り換えるはずだった上越妙高駅では降りず、そのまま乗って……。

f:id:meinereise:20191119123802j:plain

終点の直江津で乗り換え。

f:id:meinereise:20191119123824j:plain

えちごトキめき鉄道日本海ひすいライン。
泊行きです。

つばきの絵が華やかですが1両編成!

f:id:meinereise:20191119123849j:plain

寒冷地なので、ドアを開けるボタン付き。
観光客向けか「ドア ↓ 」と大きく書いてあります。

f:id:meinereise:20191119123915j:plain

トイレもあります。
車椅子でも入れる広さ。

f:id:meinereise:20191121190025j:plain

ルートは結局こうなりました。
画像はブログを書くにあたって調べたものなので「乗換不要」となっていますが、私たちが乗った時は泊駅(あいの風とやま鉄道)で乗り換えました。

ちなみに、この時乗った在来線は全部第三セクター鉄道(三セク)です。
路線名が変わるところは県境? 
乗り継ぎ駅とはリンクしていないんですね。

金沢に到着

 
金沢に到着すると、もう夕方でした。
本当は昼すぎに到着して、お昼ごはんをゆっくり食べてからホテルにチェックインする予定だったのですが。

まあでも無事に到着できて何よりです。

三セク部分の変更も大丈夫

 
実は運賃のことが心配だったのですが、元々持っていた「妙高高原−金沢」の乗車券で大丈夫でした。

乗った二本木駅は事実上の無人駅で、改札もなければ、もちろん払い戻しや変更手続きなどできません。

途中の乗り換え時も改札を通ることはなく。

金沢駅では、IRいしかわ鉄道とJRの改札が一緒だったので、元々持っていた乗車券を自動改札に通したらOKでした。

台風で振替運転の設定になっていたのかもしれません。

北陸新幹線の特急券は後日払い戻せました。

金沢はガラガラ

 
f:id:meinereise:20191119123346j:plain

金沢はとても好きで、ここ数年何度も来ていますが、今回ほどガラガラだったことはありません。

台風が来ているし、新幹線は止まっているし、仕方ないけれど、なんかせつない。

これを書いている時点では、北陸新幹線も東京−金沢間の直通運転を再開していますが、それでもまだ暫定ダイヤです。

もうカニの季節になったし、今はにぎわいを取り戻しているといいなあ。


関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。