ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

ミュンヘン空港のラウンジ:2019ドイツ旅・ミュンヘン編4

 
9月11日(水)
 
ドイツ旅、ようやく(!)2日目。
 
ウィーンへ移動します。
 
f:id:meinereise:20191001233424j:plain
 
ミュンヘン空港でラウンジに立ち寄ります。
 
 
<目次>

 
 

旅程

 
f:id:meinereise:20190918021621p:plain
 
3レグ目。ウィーンへ向かいます。
 
 

ミュンヘン空港へ

 
f:id:meinereise:20191001230756j:plain
 
早朝に窓から外を見ると、朝焼けが美しい!
 
こういうところに長期滞在するのが一番の贅沢なのかも。
と思いましたが、そんな贅沢はしていられないので、荷物をまとめてホテルを後にします。
 
9時に送迎サービスをお願いしてあります。
 
10分前くらいにチェックアウト。
車はぴったり9時に迎えに来ました。
前日と同じドライバー、同じ車です。
 
15分でミュンヘン空港第2ターミナルに到着。
前日同様、30ユーロを現金で支払いました。
 
 

荷物を預ける

 
f:id:meinereise:20191001232858j:plain
 
f:id:meinereise:20191001232922j:plain
 
ウィーン行きのオーストリア航空便については、すでに関空でチェックインが済んでいますが、荷物を預けなくてはならないので、カウンターへ。

そういえばオーストリア航空なのに、何も考えずルフトハンザのカウンターで手続きしたなあ……と今気づきました(^^;)
しかし特に問題なく、荷物を預けて手続き終了。

 
 

ゲート「K」を目指して

 
搭乗ゲートは「K18」なので、とりあえず「K」の表示を追いかけて歩きます。
 
が、しかし。
 
 

ルフトハンザワールドショップ

 
f:id:meinereise:20191001232950j:plain
 
チェックインカウンターの向かい側にはルフトハンザワールドショップ。
 
やっぱりちょっと見ていきます。
 
f:id:meinereise:20191001233006j:plain
 
ソフトタイプのトローリーやバッグも、ルフトハンザカラーとロゴがいい感じ。
 
f:id:meinereise:20191001233034j:plain
 
私の好きなリモワサルサエアーが「エッセンシャルライト」というシリーズに変わってしまい、少々残念に思っていましたが、実際に見るとカッコイイ! 
(この写真では魅力が伝わらないと思いますが)
 
見ると欲しくなるけど……キリがないので断腸の思いでスルー。
 
 

制限エリア

 
荷物検査を済ませて、制限エリアへ。
 
f:id:meinereise:20191001233059j:plain
 
ブランドショップ。
 
f:id:meinereise:20191001233125j:plain
 
BMWとか。
 
f:id:meinereise:20191001233153j:plain
 
アウディとか。
高級車を間近で見ると迫力あります。
(この写真では伝わらないと思いますが)
 
f:id:meinereise:20191001233216j:plain
 
ダルマイヤーで朝食もいいなあ……。
と思いましたが、ラウンジで食べればいいので、断腸の思いでスルー。
 
 

シャトルで移動

 
「K」表示に沿って歩いてきたら、ここに出ました。
シャトルで移動するようです。
 
f:id:meinereise:20191001233242j:plain
 
f:id:meinereise:20191001233304j:plain
 
まだ新しい感じでキレイ。
ガラガラだったので写真撮り放題でした。
 
f:id:meinereise:20191001233331j:plain
 
 

セネターラウンジで朝食

 
f:id:meinereise:20191001234938j:plain
 
K18ゲートを見つけてから、最寄りのラウンジへ。
 
f:id:meinereise:20191001233356j:plain
 
f:id:meinereise:20191001233424j:plain
 
自動ドアを入ると、右がセネターラウンジ、左がビジネスラウンジです。
 
スターアライアンスゴールドを持っていればセネターもビジネスも使えますので、より空いていそうなセネターへ。
ANAプラチナ会員のカードとチケットを提示して、中へ入ります。
 
けっこう混雑していたのと、時間もあまりなかったので、室内の写真はなし。
 
中はそこそこ広くて窓も大きく、まだ新しい感じでキレイでした。
 
シェンゲン内なので国内線レベルの移動ですが、シャワールームもありました。
ラウンジに期待する設備は基本的にそろっていたと思います。
 
f:id:meinereise:20191001233509j:plain
 
白ビールとハム、チーズ、生野菜、プレッツェルで朝食。
食べ物はドイツのホテルの朝食バイキング以上に一通りなんでもあります。
飲み物もソフトドリンクもアルコールも豊富。
 
ビールはフランツィスカーナー(白ビール)とレーベンブロイ(ヘレス)があり、フランツィスカーナーにしました。
自分でサーバーから注ぎます。
 
フランツィスカーナーは日本でも飲めますが、ドイツで飲むとやはり雑味がなくていっそう美味しいですねー。
 
前日のエルディンガーも美味しかったのですが、実は私、白ビールはフランツィスカーナー推しなのです。
んー。やっぱりこれが好き。うまい! 
 
ハムもチーズもプレッツェルもうまい! 
 
もう一杯、今度はレーベンブロイを、と思ったら、ビールサーバーのメンテナンスが始まってしまったので断念。
 
いい加減にしなさい、という神のお叱りでしょうか(^^;)
 
コーヒーなどソフトドリンクも飲みたかったのですが、あっという間に搭乗時間となったので、ゲートへ。
 
f:id:meinereise:20191001233451j:plain