ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

そうだ 金沢、行こう。〜 3. 美味しい金沢

 
f:id:meinereise:20181211035650j:plain
 
突然金沢行きを決めましたが、目的がありました。
 
魚をはじめとする美味しいものを食べることです。
 
金沢には以前1回だけ行ったことがあったのですが、その時に食べたノドグロの美味しさが忘れられず、冬になると夫と「金沢行きたいね」と話していました。
 
今回は、たまたま入った回転寿司がとっても美味しかったのでご紹介します。
 
<目次>

 
 

開店前の行列が気になり

 
今回訪れたのは「輝らり」というお店。
 
kanazawa-kirari.com
 
事前に金沢の回転寿司を調べた際にはノーチェックの店です。
 
小松空港からのバスが到着する金沢駅西口のロータリーにあります。
 
私たちの乗ったバスが到着した時、開店時間11:30の少し前でした。その時すでに行列ができていたのが気になっていました。
 
その後も何度か通りかかりましたが、いつも行列ができていました。
 
f:id:meinereise:20181211035815j:plain
 
写真は翌日、実際に食べに行った後、店から出てきて撮影したものです。
この時は店内で待っているお客さんもいるし、順番待ちで名前だけ伝えてどこかで時間を潰している人もいる状況。それでも並んでいる人たちがいます。
 
 

「回転寿司」でもお寿司は回らない

 
金沢到着時からこの店はずっと気になっていたので、旅行2日目のお昼に訪問。
開店10分くらい前にやはり行列ができていたので並びました。
 
開店と同時に着席できましたが、入れたのは私たちの後のペアまで。ギリギリでした。やっぱり少し前から並ぶ必要があるんですね。
 
カウンターに着席。2人だと自動的にカウンターのようです。
 
f:id:meinereise:20181211040013j:plain
 
「回転寿司」だけど、お寿司は回っていません。
回っているのはメニュー的なものです。
 
f:id:meinereise:20181211040042j:plain
 
目の前にタブレットが設置してあって、注文はすべてここから。
 
f:id:meinereise:20181211040108j:plain
 
卓上や店内にもおすすめメニューが表示されています。
 
 

ドリンクメニューも充実

 
まずは飲み物を注文。
 
夫は日本酒、私は生ビールです。
 
f:id:meinereise:20181211035900j:plain
 
夫は石川県の日本酒が一番好きだとかで、地酒がいろいろ置いてあって狂喜乱舞。
私は日本酒はよく分からなくて詳細が書けず申し訳ないのですが、手取川、常きげん、加賀鳶といった有名銘柄は揃っていたようです。
 
f:id:meinereise:20181211035932j:plain
 
ビール好きの私としてはずっと生ビールでもいいのですが、お寿司には白ワインも合うかなと思い、「とっくりワイン・白」を注文。おちょこサイズのワイングラスとミニデキャンタという感じのとっくりのセットがかわいい!
これ欲しいなあ。売ってないのかな。
 
 

「金沢の回転寿司はおいしい」は本当だった

 
どこで聞いたんだったか覚えていませんが、「金沢の回転寿司はおいしい」らしいですよね。
実際に食べてみて、本当においしいと実感しました。期待以上でした!
 
実はこの日、昼に訪れた後、なんと、夜も再訪してしまいました。
ホテルからも近いし便利なんですよー。
夜は居酒屋的な一品料理を中心にいただきました。
以下、昼夜まとめてご紹介します。
 
まずは、にぎりのお高めなネタから。
 
f:id:meinereise:20181211040155j:plain
本ズワイガニ
これ、加能ガニってこと? 
よく分かりませんが、かなり美味しかったです。
 
f:id:meinereise:20181211040501j:plain
極み三種
ウニ、大トロ、ノドグロ
 
f:id:meinereise:20181211040425j:plain
中トロ
マグロは太平洋側でも美味しいし……と思っていましたが、認識違いでした。
「地物」ではありませんが、しかし、美味しい。金沢すごい!と思いました。
 
f:id:meinereise:20181211040302j:plain
エビ3種
軍艦は白エビ。大好きです。
 
f:id:meinereise:20181211040326j:plain
ノドグロ 
お刺身で食べられるのは地元ならでは、と思います。
昼も夜も食べましたが、夜の方が美味しかった。朝どれの魚がちょっと熟成?されるのかも。もちろん昼も相当おいしかったですよ!
 
f:id:meinereise:20181211041528j:plain
ウナギ 
これ、思いの外美味しかったです。
やはり関西圏なのか、穴子よりウナギの方が圧倒的に美味しかった。
 

f:id:meinereise:20181211041251j:plainf:id:meinereise:20181211041631j:plain
f:id:meinereise:20181211041428j:plainf:id:meinereise:20181211041548j:plain
f:id:meinereise:20181211041327j:plainf:id:meinereise:20181211041448j:plain
f:id:meinereise:20181211041612j:plainf:id:meinereise:20181211041348j:plain
f:id:meinereise:20181211041234j:plainf:id:meinereise:20181211041507j:plain
 
キリがないのでまとめてしまいましたが、ブリ、ガス海老、バイ貝、朝どれアジ、なめら(キジハタ)など地物中心で、どれも本当に美味しくて大満足でした。
個人的には「炙りエンガワ」が、東京で食べたものに比べても超美味しくて、昼夜2回頼んでしまいました。
 
 

一品料理も絶品

 
昼だけでなく夜にも再訪してしまったのは、日本酒の充実ぶりに加えて、一品料理も美味しいことが決め手でした。
つまり夜は居酒屋気分で。
 
f:id:meinereise:20181211042311j:plain
白子の天ぷら
チーズみたいな濃厚さ。白子があまり好きでない夫がたいへん気に入り、夜もここに来る決め手になった一品。
 
f:id:meinereise:20181211042359j:plain
香箱ガニ
ズワイガニのメスを石川ではこう言います。オス(加能ガニ)よりリーズナブル。
実は私たち、カニは特に好きでもないのですが、なるほどーと思える美味しさでした。カニ好きの人にはかなりお得な食べ物なのでは。
 
f:id:meinereise:20181211042426j:plain
ガス海老の唐揚げ
つまみに最高。川エビの唐揚げに似た感じですが、川エビより好き。
 
f:id:meinereise:20181211042456j:plain
牡蠣の揚げ出し
これ絶品です。東京の居酒屋でも是非メニューに加えてほしい。
 
f:id:meinereise:20181211042532j:plain
白エビの唐揚げ
言うことがない美味しさです。
金沢に来たら白エビは是非!
 
f:id:meinereise:20181211042554j:plain
あら汁
やっぱり締めはこれでしょ。
身もかなり付いていて大満足でした。
 
1日に2回、立て続けに訪れ、よく食べよく飲みました。
お会計は2人で昼が2万円程度、夜が1万5000円程度。美味しいお寿司をお腹いっぱい食べて、お酒もたらふく飲んで、それでこの金額。大満足です。
 
 

他に訪れた店

 

1日目のランチ

 
初日の土曜は街全体がたいへんな混雑で、狙いをつけていた店はいずれも満席。
週末に訪れる際には予約が必須のようです。
 
近江町市場に行けば何とかなるだろうと思っていたら、芋洗状態の混雑でどうにもならず。
 
困った末に、市場向かいの「めいてつ・エムザ」に行きました。
 
地下の「ゆげや萬久」に少し並んで入りましたが、石川県の料理が食べたかった私たちには大正解でした。
 
www.budoo.co.jp
 
f:id:meinereise:20181214094036j:plain
 
まず、金沢おでんの車麩とバイ貝(写真)と、お刺身で飲みました。
 
f:id:meinereise:20181214094104j:plain
 
メインは、私はノドグロの蒸しご飯、夫は能登牛すき蒸しご飯(写真)。
夫はこの能登牛がすごく気に入って、また食べたいと言い続けています。
能登牛、かなり美味しいらしいです。
 
 

1日目のディナー

 
www.kanazawa-568.com
 
初日の夜も、空きのある店がなかなか見つからず、ようやく入れたのがこちら。
繁華街・香林坊の居酒屋さんです。
 
ここは人気店なのですが、たまたまタイミングよく入れたようでラッキーでした。後でネットの口コミを見たところ、予約必須とのこと。
 
何もかも美味しかったのですが、食べ物に目を奪われすぎて写真撮り忘れ(^^;)
 
特にノドグロの塩焼きが今まで食べた中で一番の美味しさでした!
焼かれた姿も美しく、写真撮り忘れが悔やまれます。
 
この店は必ず再訪したいと思います。詳細なレポートはその際に。