ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

チューリッヒ空港駅で両替と切符購入:2018ドイツ旅・スイス編2

 
f:id:meinereise:20181008215059j:plain
 
9月8日(土)
 
ベルリンからチューリッヒへのフライトは思いのほか満足な時間となりました。
 
www.meinereise.me
 
予定通り14:15ごろ気分良くチューリッヒに到着したところで、ミッションが二つ。
 
両替と切符購入です。
 
<目次>

 
 

両替

 
スイスはユーロではなくスイスフランなので、まずは両替をします。
 
平日なら銀行で両替するのがレートもいいのでしょうが、土曜なので無理。スイス国鉄(SBB)の駅で両替しました。
 
※ちなみに、スイス国鉄の略称は公用語である独仏伊の略称を並べて「SBB CFF FFS」と表記されていることが多いですが、長いのでドイツ語で代表して「SBB」と表記します。
 
 

50ユーロ札を有効活用

スイスではほとんどの場所でクレジットカードが使えるだろうから、両替しても余っちゃうんじゃないかと心配です。次いつスイスに来るか分からないし。
 
そこで、日本円ではなくユーロを両替することにしました。
 
ユーロの現金も最近は減らなくて、手元には50ユーロ札が4枚もあります。
 
50ユーロ札は5000円札と同じくらの感じの高額紙幣です。
 
 

高額紙幣の高いハードル

 
この50ユーロ札が使いづらいのです。
 
日本でも数百円の買い物に1万円札を出すのは憚られますが、それでも「細かいのなくて、すみません」などと言えば、本当に釣り銭がないときを除いて対応してくれると思います。1000円を超える買い物なら十分許容範囲ではないでしょうか。
5000円札も、500円を超えた買い物なら気にせず使っている気がします。
 
ところがドイツでは高額紙幣は徹底して嫌がられます。10ユーロを超えた買い物で50ユーロ紙幣を出しても断られることが多いです。
10ユーロに満たない買い物の時に20ユーロ札を出して断られたこともあります。
100ユーロ札なんて論外。そもそもほとんど見かけませんが、両替したときに入っていることもあり、ホント困ります。
 
 

現金は少額決済向けなのに

 
一方でクレジットカードは、10ユーロを超える支払いなら大抵使えます。
スーパーなどチェーン店なら数ユーロでもカードOK。
 
つまり、現金を使いたいのは屋台など小規模店舗での少額決済の場合や、公衆トイレ、チップなど。これらに50ユーロ紙幣は使えず、どこで崩そうか、いつも悩みのタネです。
 
そこで、閃きました。
これをスイスフランに変えちゃえばいいんだ!
 
 

スイス国鉄の窓口で両替したが…

 
というわけで、50ユーロをSBBの窓口で両替しました。
ちゃんと両替窓口があります。
 
f:id:meinereise:20181008220918j:plain
 
しかし。
 
50ユーロ出して50スイスフランでした。
 
レートが50ユーロ=54スイスフラン。
さらに手数料4スイスフランが引かれていました。
 
f:id:meinereise:20181008223428j:plain
 
だいぶ損な両替って気がするけど、土曜で他にいい両替手段もないし、少額だし、まあ仕方ない。
 
と思っていたのですが……。
 
 

切符購入

 
続いてルツェルンへのチケットを購入します。
 
 

自動販売機が便利

 
自動販売機で買えます。
公用語が四つあるスイス、しかも観光大国なだけあって、自動販売機も英語をはじめいろいろな言語に対応しています。日本語はありませんが。
 
画面表示が分かりやすい(ドイツと似ている)ので問題なく購入できました。
 
私の旅程は以下の通り。
 
8日(土)チューリッヒ空港→ルツェルン
9日(日)ルツェルン→チューリッヒ・エルリコン
10日(月)チューリッヒ・エルリコン→チューリッヒ空港
 
つまり、チューリッヒ空港⇄ルツェルンのチケットを購入すればOK。有効期限も自分で設定できるので便利です。
 
ちなみにエルリコン(Oerlikon)は予約したホテルの最寄り駅。チューリッヒ空港とチューリッヒ中央駅の間にあります。
9日は中央駅とエルリコン駅を含む地域が乗り放題になる24時間券を別途購入する予定です。
 
 

ユーロ使用、レートもまあまあ

 
ルツェルン往復の料金は60スイスフラン。
 
しかし、この自販機、クレジットカード(VISA)使用可能の表示が出ているのに、なぜか使えません。まあでも、これはドイツでもよくあること。諦めましょう。
 
50ユーロ札が使えるので、2枚入れました。
先ほどの両替のレートで考えると、お釣りは40スイスフランくらいかな、と思ったら、なんと50スイスフランと20セントも出てきました!
 
ってことは、100ユーロ=110.20スイスフラン。単純計算で50ユーロ=55.10スイスフランです。さっきの窓口に比べてだいぶお得です。
 
帰国後にVISA決済分のレートを見ると、1ユーロ≒132円、1スイスフラン≒119円でした。そのレートで計算すると50ユーロ=6600円=55.50スイスフラン。
 
自販機はクレジットカードに近いレートと言えそうです。
 
少なくとも駅の窓口で両替するよりは随分いいです。
うーむ。先に切符買ってたら、両替しなかったのになあ。
 
手元に110スイスフランも残っちゃいました。しかも50スイスフラン札2枚。使い切れるか……。
(と、心配しましたが、現金支払いを優先したらあっという間に使いきりました)
 
電車の出発時間が迫っています。慌てて乗車。
 

f:id:meinereise:20181009231444p:plain
https://www.sbb.ch/de/home.html

 
14:47発のIR70ルツェルン行き。
翌日訪れるチューリッヒ中央駅やエルリコン駅を経由し、1時間2分で到着です。