ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

スイス・インターナショナル・エアラインズのビジネスクラス搭乗:2018ドイツ旅・スイス編1

 
タイトルの「ドイツ旅・スイス編」って変ですが(^^;)。
ドイツ語圏の旅は「ドイツ旅」と丸めております。
ドイツにスイスはないぞー!とかのツッコミはスルーします。
お目こぼしください m(_ _)m
 

f:id:meinereise:20181008010241p:plain
https://www.swiss.com/il/JA/fly/fleet/airbus#t-page=pane5
 
 
9月8日(土) 
 
ベルリンからチューリッヒへ移動します。
 
航空会社はスイス・インターナショナル・エアラインズ(SWISS)です。
 
<目次>

 
 

航程

 
f:id:meinereise:20180924145639p:plain
 
旅の二つ目の目的地、スイス・ルツェルンへ移動します。まずは飛行機でチューリッヒへ。
 
SWISS運航便に乗るのは初めてですが、遠い昔、スイスエア時代に1回だけ乗ったことがあります。
機内食が美味しかったというイメージだけが残っています。
 
 

機内食は好物ばかり

  
座席は5Aです。
 
窓からお隣のイベリア航空機が見えます。
 
f:id:meinereise:20181008021154j:plain
 
紛らわしい写真ですみません。乗っているのはSWISS機です。
 
f:id:meinereise:20181008012230j:plain
 
機種はA319。
 
ビジネスクラスとはいえ、座席はエコノミーと同じ席で3席並びの中央が空けてあるだけ。ヨーロッパ間移動では普通のことです。
 
この時は5Cが空席だったので3席占有できて快適でした。
 
そして、たった1時間半の空の旅でもビジネスクラスはちゃんと食事が出ます。
12:45〜14:15のフライトなので昼食あるいは軽食といった感じでしょうか。
 
さっき空港ラウンジで美味しい朝食を食べて満足なので、あんまり食べる気しないなあと思いながら、出てきた機内食を受け取りました。
 
f:id:meinereise:20181008014548j:plain
 
なんと! 
大好きなエビのマリネ! 
 
これは食べないわけにいきません。
 
しかもこれ、昼食とか軽食っていうより前菜、あるいは酒のツマミでは?
これは飲まないわけにいきません!
 
男性CAさんから飲み物を聞かれ「白ワインありますか?」と訊くと、そうこなくっちゃ!と言わんばかりの表情でうれしそうにワインを注いでくれました。
 
f:id:meinereise:20181008020239j:plain
 
美味しいー。白ワインとエビのマリアージュ。
他の乗客もシャンパンなど飲んでいるようで、そうか、シャンパンという手もあったか……と思いましたが、でも、白ワインも美味しかったです!
 
パンは食べきれないのでお断りしましたが、チーズやデザート(チョコムース)も好きなものばかりで、もう、大満足でした。
 
食後には一口サイズのチョコレートも配ってくれました。乗客が少なかったためか、4個もくれました。
 
私、SWISSの機内食は相性がいいのかもしれません。
今後もチャンスを見つけて乗りたいです。
 
 

荷物を間違える

 
そんな感じで非常に気分良くチューリッヒに到着しました。
 
f:id:meinereise:20181008020910j:plain
 
バゲージクレームでは、他人の荷物を間違えて取ってしまいました。
こんなミスは初めてです。
 
自分のとそっくりなスーツケースが流れて来たのでピックアップすると、その次にもそっくりなリモワが。
驚いてそっちもピックアップしたところ、重さからしても傷の付き具合からしても2個目のが私のです。
 
しかし、どちらもリモワなのはもちろん、大きさも色もそっくり。
私のは「ジャパンオリジナルカラー」だったはずなのですが。
んー。マット感が微妙に違うといえば違うかも。
 
それはそうとして、最初のスーツケースどうしよう。もう一度ベルトコンベアに載せようか……と悩んでいると、持ち主のご夫妻が声をかけてくれました。
 
女性が持ち主です。私より高齢。70歳前後でしょうか。
でも上品で、元気いっぱい好奇心いっぱいという感じ。
そっくりなスーツケースを持っているのが光栄と思えるような、素敵な方でした。
 
2人のスーツケースがよく似ていることにみんなでビックリし、しばらく盛り上がりました。
 
女性はベルリンの方で、親戚に会いにチューリッヒへ来たそうです。そんな雑談を少しして別れました。
 
トラブル続きの今回の旅、またまたミスしましたが、今回は結果的にちょっと嬉しいハプニングでした。