ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

ベルリン・テーゲル空港のラウンジ:2018ドイツ旅・ベルリン編6

  
9月8日(土)
 
ドイツ・ベルリンから空路スイス・チューリッヒへ。
 
ベルリンには何度も来ていますが、今回ついに初めて、テーゲル空港でラウンジを利用しました。
 
f:id:meinereise:20181004231345j:plain
 
小さい空港なので「国内線レベル」かと思っていましたが、非常に快適でした。
 
<目次>

 
 

航程

 
f:id:meinereise:20180924145639p:plain
 
今回の旅の二つ目の目的地、スイス・ルツェルンへ移動します。まずは飛行機でチューリッヒへ。
 
 

チェックイン前に行ってみた

 
リモワの鍵トラブルが思いのほか早く解決したため、時間はたっぷり。
 
www.meinereise.me
 
出発時間まで2時間以上あります。
 
ベルリン・テーゲル空港は特殊な構造になっていて、搭乗口前でチェックイン手続きをします。
 

f:id:meinereise:20181004233736p:plain
https://www.berlin-airport.de/de/_dokumente/reisende/lageplaene-sxf-txl/txl-terminals-de-en.pdf

 
まだ搭乗口の番号が表示されていないので、どこでチェックインすればいいのか分かりません。
  
チェックインの前にラウンジ入れるかなぁ。
 
ダメ元で行ってみました。
 
 

ラウンジでチェックイン

 
場所はルフトハンザ・ワールドショップの近く。「ルフトハンザ・ファーストクラスチェックイン」の横に階段とエレベーターがあります。
 
f:id:meinereise:20181004234109j:plain
 
この階段かエレベーターで上がると、ルフトハンザのセネター&ビジネスラウンジがあります。
 
f:id:meinereise:20181004231345j:plain
 
入り口の自動ドアがガラスではなく金属製。
まるで雨戸かシャッターのようで中が見えず、知らないと中に入りにくいです。
 
事前に調べておいてよかった。
 
www.meinereise.me
 
勇気を出して(?)中へ。
 
正面左がビジネスクラスのカウンター、右がセネターのカウンターです。
 
今回は特典航空券のビジネスクラスなので、ビジネスクラスのカウンターへ。
 
eチケット控えを見せて「まだチェックインしていないのですが……」と説明すると、ここで手続きします、と言ってくれました。
 
搭乗券を発券し「その荷物は預けますね」と訊いてくれました。うなずくとどこかへ電話してから「下のファーストクラスカウンターでお預かりしますので、一旦下に持って行って、預けてから再度こちらに来てください」。
 
 

ファーストクラスのカウンターで荷物を預ける

 
エレベーターで降りて、横にある「ルフトハンザ・ファーストクラスチェックイン」の部屋へ入ると、中にはファーストクラス専用のカウンターがありました。当然荷物もここで預けられるようになっています。
 
写真撮り忘れました。こちら ↓ のサイトにたくさん写真があります。
 
de.foursquare.com
 
昨年のドイツ旅の復路は、ベルリン→フランクフルト→ミュンヘン→羽田で、ミュンヘン→羽田はファーストクラス、他はビジネスクラスでした。もしかして、昨年はこのカウンターでチェックインすれば良かったってことなんじゃ……。知らなかったので、普通に搭乗口の前でチェックインしちゃいました。
 
まあいいや。
 
ファーストクラスカウンターで荷物を預け、再びラウンジに戻ります。
 
先ほどは気づきませんでしたが、荷物にバツ印の付いた表示が入り口横にありました。大きな荷物は本来持ち込めないようです。
 
f:id:meinereise:20181005001328j:plain
 
なのに嫌な顔一つせずに、ファーストクラスのカウンターで預かってくれるなんて、親切!
 
 

セネターラウンジへ

 
入り口横にはスターアライアンス・ゴールドのマークも掲げてあります。
そういえばスターアライアンス・ゴールドだからビジネスじゃなくてセネターが使えるんだった、と思い出し、先程親切に対応してくれたビジネスカウンターではなく、セネターカウンターで搭乗券とANAプラチナメンバーのカードを見せました。
 

f:id:meinereise:20181005000535p:plain
いつもの空の旅に 新しい感動を | ANAマイレージクラブ

 
「セネター」という区分はルフトハンザ系以外で見たことがありませんが、ビジネスクラスより上の扱いです。例えばルフトハンザのファーストクラスに乗る場合はファーストクラスラウンジが使えますが、それ以外のスターアライアンス系のファーストクラスに乗る場合はセネターラウンジです。
 

ラウンジ利用条件
f:id:meinereise:20170802035808p:plain
 
ラウンジ一覧
f:id:meinereise:20180728000731p:plain
 
http://www.lufthansa.com/jp/ja/Lounge-types-and-access

 
これからはエコノミークラスに搭乗した場合でもセネターラウンジが使えるんですね。SFC修行の成果です。
 
セネターのカウンターでは、スターアライアンス・ゴールドの登録をしてくれて、搭乗券も発券し直してくれました。搭乗券の何が変わったのかよく分かりませんでしたが……。
 
ビジネスもセネターも、ここのカウンターの人はとても感じが良くて親切です。
 
 

思いのほか広々

 
www.berlin-airport.de
 
セネターラウンジは細長いながらも意外に広々していて、人も少ないし、非常に快適でした。
 
f:id:meinereise:20181005001055j:plain
 
f:id:meinereise:20181006105938j:plain
 
 

豊富な食べ物・飲み物

 
あまりに静かで、利用者よりスタッフの方が多いくらい。
シャッター音が恥ずかしくてブッフェの写真撮れませんでした。
 
朝食の時間帯だったので、ドイツのホテルの朝食ブッフェで出てくるようなものはすべて並んでいました。
ハム類、チーズ類、卵料理、生野菜、パン(甘いもの含む)、シリアル、ヨーグルト、ソフトドリンク、フルーツなどなど。
 
もちろんビールサーバーもありましたし、つまみのスナックやナッツもありましたが、雰囲気に気後れして自重(笑)。
 
スパークリングウォーターのサーバーがあったのが個人的にはとても気に入りました。炭酸の強さで、2種類だったか3種類だったかに別れていたので、その水をいただきました。もちろん炭酸が入っていない水もあります。
 
ということで朝食。
 
f:id:meinereise:20181005001856j:plain
 
ドイツのパン、ベーコン、スクランブルエッグ、オレンジジュース、スパークリングウォーター。
 
午前中はいつもあまり食欲がないため控えめですが、とても美味しかったです。
 
その後、PC作業などしながらくつろぎました。静かで落ち着けて、とっても快適。あっという間に搭乗時間です。
 
チューリッヒへ向かいます。