エポスゴールドカードへの招待

f:id:meinereise:20170622013156j:plain

突然来ました。
エポスゴールドカードへの招待メールです。

いつか来たら、喜んでご招待をお受けしようとは思っていましたが、こんなに早く来るとは想定外でした。
私自身があまりよく理解していないので、今回はエポスカードについて情報を整理してみます。

ただし、あくまでも「私の場合」に限った例です。
網羅的に「エポスカードの賢い利用法」が知りたい方は、先人による詳しいブログがたくさんありますので、そちらを御覧ください。

※実際にエポスゴールドカードを利用したところ、付与ポイント数の考え方が一部間違っていることに気づき、修正しました。打ち消し線で消し、赤字で正しい内容を記載しました。
 


そもそもエポスカードとは

海外旅行傷害保険が充実している

そもそも私がエポスカードを作ったのは、年会費無料なのに海外旅行保険が充実しているからです。

f:id:meinereise:20170622024615p:plain

海外旅行保険で請求されることの多い「治療費用」が他のカードを比較してもしっかりついています。

さらに……。
旅費の決済に使わなくてもOKの「自動付帯」。
治療費立て替え不要の「医療費キャッシュレスサービス」。

これ1枚で十分とは言いませんが、治療費用は、旅費の決済に使ったカードとエポスカードの補償を合算できるので、だいぶ安心できます。

海外旅行をする人なら持っていて損のないカードですね。

200円で1ポイント

難点はマイルに貢献しにくいことです。

エポスカードで買い物した際のポイントは、200円で1ポイント。ANAマイルへの交換率も良くありません。
ANAカードなら100円で1マイルですから、初めから勝負あったという感じです。
年会費無料なので、旅行保険用だと思って、ただ持っていました。

しかし実は、ウチは丸井をよく使うのです。
丸井で買い物をしていると、エポスカード決済なら割引になるという場面にしばしば遭遇します。

代表的なのが「マルコとマルオの7日間」。

f:id:meinereise:20170624010449j:plain

10%オフセールですから……。高額商品を買う時は余計に心が動きます。

昨春、毎年恒例のドイツ旅をしばらく諦めようと考えたことがきっかけとなり(その後撤回したけれど)、ANAマイルより安さを優先し、割引になる時はエポスカードを使うようになりました。

ソラチカルートに乗せても1ポイント=0.63マイル

エポスカードで貯まるポイントは微々たるもの。とは言え、無駄にはできません。
少しでもお得にマイルに換えようと試みるのが陸マイラーというものです。

エポスポイントを直接ANAマイルに交換すると、1000ポイント→500マイルです。
元々200円利用で1ポイントですから、100円あたりにすると0.25マイル。
ANAカードなら100円あたり1マイルですから、激しく損する感じですね。

そこで、交換ルートを研究しました。

f:id:meinereise:20170624001518p:plain
[ポイ探] ポイント探検倶楽部:ポイント交換ルート検索、ポイント自動管理

「WALLETポイント」はauのユーザーである必要がありますが、これを経由することでGポイントに0.7倍で交換できます。


f:id:meinereise:20170624002304p:plain

Gポイントは「ソラチカルート」に乗せられますが、5%の交換手数料が必要です。
しかしこの手数料は、規定のサービスを利用すれば戻ってきますので、長い目で見れば無料で交換できると考えることもできます。

ソラチカルート(Gポイント→東京メトロ→ANA)では0.9倍でANAマイルに交換できるので

0.7×0.9=0.63

つまり

1エポスポイント=0.63ANAマイル

買い物200円で1エポスポイントですから、100円あたりでは0.315マイルです。

直接交換の0.25マイルよりはだいぶマシです。
とはいえ、手間がかかるわりには……という感じは否めません。

リボ払いなら200円で2ポイントに

 
しかし、さらに「リボ払い」という裏技があります。

リボ払いと言っても実際に手数料(金利)を支払う必要はありません。
設定しておいて、事前に返済すればOKです。

私は支払額確定日が6日、口座引き落としが27日です。
このパターンの場合、28日(引き落とし日の翌日)〜5日(確定日の前日)の間に返済します。

丸井を頻繁に利用するなら、丸井のATMで返済するのが簡単です。
1円単位で全額返済できます。
そして、ちゃんとポイントは2倍になります。

丸井のATM以外に、コンビニなどの提携ATMでも返済できます。
この場合、硬貨は使えないので1000円単位での返済になり、端数の分の金利は発生しますが、微々たるものでしょう。

というわけで、ポイントが2倍にできます。
しかしそれでも100円あたり0.63マイル。
まだまだです。

5のつく日は食遊館のポイント3倍

 
さらなる増ポイントの手段が「5のつく日」に食料品を買うことです。

計画的に5日、15日、25日にまとめ買いするようにできれば、それに関してはポイント3倍になります。

3倍、つまり「基本ポイント」プラス「2倍ポイント」です。

計算が複雑になってきましたが……。

5のつく日に食遊館で買い物した金額については、100円あたり1.5ポイント。
それをリボ払い扱いにすれば、100円あたりプラス0.5ポイントなので、計2ポイント。
それを「ソラチカルート」に乗せると100円あたり1.26ANAマイルになります。

やっとANAカードを使った場合よりも多くなりました!
一見、手間がかかりそうですが、陸マイラー的には常識の範囲内(笑)かと。

普通のエポスカードでは、これが限界です。

しかしゴールドカードなら、もっとポイントが増やせます!
つまりマイルを効率良く貯められるようになるのです!!

ゴールドで何が変わる?

「選べるポイントアップショップ」200円で5ポイント

 
f:id:meinereise:20170622024705p:plain

ゴールドカードの特典で一番の注目はこの制度でしょう。
最大三つのお店が登録できて、そこで利用した分はポイント3倍となるのです。

リボ払いが加わればポイント4倍。
つまり、100円あたり2ポイント=1.26ANAマイルです。

しかも、小さな字で

マルイ(OIOI)・モディ・ENEOSでんき・MONA新浦安・IDC大塚家具は1回、2回払い、ボーナス払いの場合、4ポイント(2ポイント+2ボーナスポイント)、 リボ払い(分割払い3回以上)の場合5ポイント(3ポイント+2ボーナスポイント)になります

と書いてあります。
丸井を登録すれば、リボ払いで、丸井での買い物200円あたり5ポイント。
つまり100円あたり2.5ポイント=1.575ANAマイルです!

さらに「5のつく日」の食遊館なら3倍。
基本ポイントを除く2ポイントが追加されます。
ゴールドカードは基本ポイントが200円あたり2ポイントになるので、3倍なら6ポイント。つまり4ポイント追加されます。
100円当たりで計算すると1ポイント2ポイントの追加ですから、計3.5ポイント計4.5ポイント=2.835ANAマイルです!!

条件付きとは言え、とてつもない高還元ですね。


マイナス点をひとつ。
サイトの説明を見ると小さい字で

1回のカード利用で200円未満の端数は切り捨てになります

 
と書いてあります。これは買い物の回数が多いと無駄が多くなりますね……。
1カ月ごとまとめた金額に対してポイント付与してくれればいいのに。
まあ、仕方ないです。

年100万円利用で1万ポイント

 
エポスゴールドカードは、基本のポイント増に加えて、別途付与されるポイントもあります。

f:id:meinereise:20170623014858p:plain

年間50万円以上の利用で2500ポイント。
年間100万円以上の利用で1万ポイントです。

ちょうど100万円使うのが、最も還元率が良いことになります。

例えば100万円をすべて「選べるポイントアップショップ」に登録した店で使い、そのうち丸井での買い物が50万円だとすると……

丸井の50万円利用で1万2500ポイント
それ以外の50万円利用で1万ポイント
年間100万円達成で1万ポイント

合計で3万2500ポイント=2万475ANAマイル。
100円あたり2.0475マイルです。

5のつく日に食遊館で買い物すれば、もっと高還元率になります。

100万円ぴったりはさすがに無理なので、100万円少し超えを目指して活用したいと思っています。

3カ月限定のボーナスマイルも

 
さらに、カード申し込み翌月から3カ月間限定のボーナスもあります。

f:id:meinereise:20170623021902p:plain

月10回以上のゴールドカード利用で200ポイント。
3カ月連続で達成すれば合計600ポイントです。

決して多いとは言えませんが、もらえるポイントはもらうのが陸マイラー。
月10回は若干ハードル高めな気もしますが、ちょっと頑張ってみようかなと思える回数でもあります。

直接交換で1ポイント=0.6マイル

 
この記事では、今までANAマイルへの交換は「ソラチカルート」を前提としていました。

しかしゴールドカードになると、直接交換しても、1000ポイント→600ANAマイルと、交換率が良くなります(一般カードは1000ポイント→500ANAマイル)。

ソラチカルートで0.63倍、直接交換で0.6倍。

もちろん、それでもなおソラチカルートの方が有利ではありますが、そもそもソラチカルートは現在渋滞中。というか、1年くらいは渋滞するくらいポイントサイトで稼がなければならないので、ソラチカルートと大差ない高還元率の別ルートがあるなら、そっちはそっちで交換した方が良さそうです。

直接交換を前提に計算し直すと……

「選べるポイントアップショップ」に登録した店舗なら、100円あたり1.2マイル。
登録した丸井なら、100円あたり1.5マイル。
「5のつく日」に食遊館で買い物すると、100円あたり2.1マイル2.7マイル

年間100万円ぴったり使った場合、丸井と他店舗半々で、100円あたり1.95マイル。

十分、高還元と言えると思います。

ほかにも特典いろいろ

www.eposcard.co.jp

エポスゴールドカードの特典は、もちろん、ほかにもいろいろあります。

  • ポイントの有効期限なし
  • 国内の空港を中心にカードラウンジが使える
  • 海外旅行保険の条件アップ

f:id:meinereise:20170624013559p:plain

などなど。
詳細は公式サイトをご覧ください。

「ゴールドカードご招待」のメリット

年会費永年無料

 
エポスゴールドカードは年会費5000円。
ゴールドカードとしては破格の安さです。

でも招待状をもらってゴールドカードにすると、年会費が永年無料になるのです。

無料のゴールドカード……。
素晴らしい。

エポスカードを持っているなら、自らゴールドカードの申請をするより、招待してもらう方がお得ということです。

なぜ私に招待状が

 
というわけで、私にも招待状が来たらいいなあと心待ちにしていました。
しかし正直言って、まだ先のことだろうと思っていたのです。

なぜ今、私に招待状が来たのか、よく分かりません。

「招待の条件」は公表されていませんが、先人の考察によると「入会後1年経過、年間50万円以上利用」が一つの基準とみられています。

ただし、入会後の期間がもっと短いのに、あるいは50万円使っていないのに、招待状が届いたという報告もネット上では複数見られます。


私は2013年12月入会なので「期間」はクリアしてます。
海外旅行傷害保険のために作ったカードなのでずっと使っていませんでしたが、実質的なカード利用期間はやっと1年が過ぎたところ。
そういう意味では、ちょうどクリアした時期とも言えそうです。

でも、もう一方の条件の「50万円」は全然クリアしていません。
今までの決済額を調べてみたら、合計で15万円くらいでした。

なのに、なぜ?

陸マイラーなので、リボ登録はしていますが、金利が発生する前に返済しているし、キャッシング枠も0円にしているし、カード会社にとっていいお客さんとは思えないのですが……。

思い当たるのは、強いて言えば、丸井で長年ちょくちょく買い物をしていることくらいでしょうか。
今まで基本的にはANAカード決済でしたが、「ポイントがたくさんつけばエポスカードを利用するだろう」と思われたのかも。

実際、招待を受けただけでまだカードを申し込んでもいないのに、年間100万円利用する計画を立てているくらいですからねー。
カード会社の思惑にまんまと乗せられているような気もします。

まあ、でも、こちらもANAマイルがお得に貯められればいいので。
ウィンウィンってことにしておきましょー!

この週末、丸井でゴールドカードを発行してきます。





関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。