特典航空券どうする?:2018ドイツ旅・準備編1

昨年に引き続き、今年もドイツ・ベルリンへ旅行する予定です。

f:id:meinereise:20180513040523j:plain
ハッケシェ・ヘーフェ(昨年撮影)

そろそろどんな航空券で行くのか、メドをつけないと。
ちょっと考え始めました。

SFC修行が終わってから発券

6月を中心に「SFC修行」を予定しています。

SFC修行は、ANAのスーパーフライヤーズカード(SFC)を獲得するために、たくさん飛行機に乗ること。
5回ほど集中的にクアラルンプールへ行く予定です。

www.meinereise.me

特典航空券は取りやすくなるのか

修行が終わって「プラチナ」ステータスを獲得すれば、特典航空券が取りやすくなるはず……と思って修行することにしたのですから、チケットを取るのは修行が終わってからにしないと、ですよね。

どのくらいビジネスクラスやファーストクラスが取りやすくなるのか、もしかして大して変わらないのか。
どっちにしても、結果を見てみないといけません。

マイルが付与される

私のSFC修行の費用(航空券代)は約37万円。

そのうち約34.5万円はANA SKYコインを使ったので自腹額は少ないのですが、コインで支払った分もちゃんとフライトマイルがもらえます。

計算通りなら40,823マイルになるはず。
けっこう大きいです。
この4万マイルがあるとないとでは、旅の計画にも影響します。

日程のメド

当然のことながら、航空券を押さえるためには日程を決めなくてはなりません。

コンサート情報をチェック

私の場合、音楽の日程が最優先です。
コンサート、オペラ・オペレッタ。

今回はベルリンに行くつもりなので、ベルリンの主なホールのサイトでプログラムを確認します。

ベルリン・フィルハーモニー🔗
コンツェルトハウス・ベルリン🔗
ベルリン国立歌劇場🔗
ベルリン・ドイツ・オペラ🔗
ベルリン・コーミッシェ・オーパー🔗

さらに、念のためウィーンの情報も確認。
タイミングが合えばウィーンにも1泊くらいしたいなあなどと思い。
まあ多分難しいんですけどね。

ウィーン国立歌劇場🔗
ウィーン・フォルクスオーパー🔗
ウィーン楽友協会🔗
ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団🔗
ウィーン・コンツェルトハウス🔗

ウィーン・フィルは楽友協会員じゃないとまずチケット取れませんが、楽団のサイトの方を見るとツアーや音楽祭の情報もあるので、そちらの方が比較的入手しやすいかもしれません。

「どうしても行きたい」という公演のチケットが取れたりしたら、何が何でもそれに日程を合わせます。

特典航空券シミュレーション

日程が決まれば航空券です。

発券するのは修行終了後とはいえ、事前にいろいろシミュレーションをしておくのが大事です。

ビジネスクラスを狙う

希望はビジネスクラス往復、しかも「仕事の後に出発、早朝に帰国して仕事」という時間帯が理想です。
適当な日付で見てみたのがこれです。

f:id:meinereise:20180513023322p:plain

往路 0:10羽田発→5:20フランクフルト着
復路 12:10フランクフルト発→翌日6:35羽田着

でもこの路線、なかなか取れません。

上の例は1カ月後のフライトの通常の航空券。往復ともビジネスクラスで一番安い「Value Plus」です。それでもこの価格。

前後の日程では、この最安ビジネス、もうあまり残っていませんでした。
ましてや、特典航空券は残ってないでしょう。
プラチナステイタスを得ても難しそうだと思っています。

ファーストクラスに心が動く

第一希望が難しそうとなると、ファーストクラスに心が動きます。

一度利用してしまうと、やはり「もう一度」と思ってしまいますね。
贅沢を覚えるときりがありません。

www.meinereise.me
www.meinereise.me

特に帰国時、フランクフルトの「ファーストクラスターミナル」では、せっかくレストランもバーもあるのに食事もせずお酒も飲まずだったので、リベンジが必要なんです(と言い訳)。

www.meinereise.me

ただし、ファーストクラスに乗るには往復で18万マイルが必要です。
修行で4万マイル付与されるおかげでギリギリ貯められそうな気もしますが、2年連続は贅沢すぎるかなあ。

そこで折衷案です。
往路はビジネス、復路はファースト。

これだと137,500マイルです。

一応、すでにルフトハンザのファーストクラスが解放されている2週間以内で、往路はビジネス、復路はファーストのベルリン行き特典航空券を検索してみました。

f:id:meinereise:20180513025924p:plain

こんな感じの特典航空券が取れれば、また「ファーストクラスターミナル」が利用できます。

すごく心が動きます!

でも、そのためには復路出発の2週間前まで発券を待つ必要があります。
今回そこまで待てるかどうか。

待ってもファーストクラスが解放されない可能性も大いにありますからねー。

現時点で念頭にある帰国日のルフトハンザ・ファーストクラスの残り座席数も調べてみましたが、すでに2席埋まっていました。
昨年の私自身の考察では、埋まっているのが3席までなら解放される可能性が高いのですが、すでに2席埋まっているとなると……。

www.meinereise.me

まだだいぶ先なので、埋まってしまうかなあ。
これに賭けるのは危険な気もします。

まあ、そうは言っても、まだ日程も決まっていないし、どうせ修行が終わるまでは発券しないので、またその時点で考えましょう。

関空経由という選択肢も

先ほど、往路ビジネス、復路ファーストのシミュレーションをしましたが、往路は関空経由でした。

f:id:meinereise:20180513025924p:plain

このルート、羽田からの直行便に比べると取りやすそうです。
17:25ベルリン到着という時間設定も、遅すぎず、いいですね。

修行終了後に特典航空券を探してみて、こういうビジネスクラスが残っていたらすぐに発券してしまうかも。

結局は、直前まで待てるか待てないか、ということになりそうです。
「復路ファースト」を狙うなら、ダメだったときの作戦を綿密に練る必要がありそうです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA