[SFC修行]2回目の5:ラッキービジネス

6月16日(土)、SFC修行2回目。

「FUK-KULタッチ」のうち羽田⇄福岡を終えて羽田国際線ターミナルに移動、ANAラウンジで飲食しました。

クアラルンプールに向かうため、147番搭乗口へ。

f:id:meinereise:20180625191133j:plain

ここでサプライズがありました。

ゆっくり搭乗してみた

ANAラウンジから搭乗口は徒歩数分。

f:id:meinereise:20180625191513j:plain

ボーディングタイムに少し遅れましたが、着いたらまだ事前搭乗中でした。

f:id:meinereise:20180625191932j:plain

並ぶの面倒なんで、列がなくなるのを待ってから搭乗手続きしました。

f:id:meinereise:20180625192250j:plain

するとけっこう遅くなって、23:30出発なのに、もう23:24です。
優先搭乗とは逆の、ほぼ最終搭乗。私の他には1人か2人しかいません。

エラー音に動揺

搭乗手続きをしようとモバイル搭乗券のバーコードをかざすと、エラー音がしました。嫌な予感。

「座席のことでお話があります」

えっ?まさか海外発券はダメとか言わないよね?安いチケットだからプレミアムエコノミーからエコノミーに変更とか?

などと不安いっぱいに。
冷静に考えればそんなことあるはずないのですが、お安い海外発券、自分の中でどこか後ろめたさがあるんでしょうね (^^;)

機材変更でアップグレード

すると、「機材を変更した関係で、座席をビジネスクラスに変更させていただきました」。

おおっ!

何と、初めてのラッキーなアップグレードです!
「インボラ」(インボランタリー・アップグレード)というらしいですね。

座席はちゃんと希望通りの通路側でした。

f:id:meinereise:20180629024120j:plain

B787ではあるが

最後ギリギリに搭乗したため、ビジネスクラスの座席の写真は撮れませんでした。残念。

しかし機材変更って……どう変更?

「安全のしおり」にはB787と書いてあります。

f:id:meinereise:20180625193228j:plain

当初はB787-9の予定でした。

B787-8に変わったと思われます。

www.ana.co.jp

B787-9はスタッガードシート

f:id:meinereise:20180625193543p:plain
ビジネスクラスシート・座席一覧🔗

B787-8(240席仕様)はクレードルシート

f:id:meinereise:20180625194120p:plain
ビジネスクラスシート・座席一覧🔗

f:id:meinereise:20180625205644p:plain

ボーイング787-8 (788) | 機種・シートマップ 🔗

B787-8はプレミアムエコノミーの設定がないため、ビジネスクラスへアップグレードされたのでしょう。

元々ビジネスクラスの人は、スタッガードを期待していたとするとちょっとガッカリなのかもしれません。

ドリンクとアミューズ

離陸後1時間ほどで、ドリンクとアミューズのサービスがありました。

f:id:meinereise:20180625194807j:plain

機内はすでに暗く、おやすみモードです。

飲み物はシャンパンを選択。
銘柄は覚えていませんが、ANAサイト通りなら「デュヴァル・ルロワ・ブリュット・レゼルヴ」。

f:id:meinereise:20180625195239p:plain
ドリンクメニューPDF🔗

アミューズは4種類の中からチーズとナッツを選びました。

シャンパンを飲み終わり就寝。

朝食

4時間ほどで朝食です。
和食を選択しました。

f:id:meinereise:20180625200939j:plain

前菜

  • 鯵小袖寿司
  • 蛸ベーコン巻き
  • 甘唐辛子さつま揚げ
  • 厚焼き玉子

主菜

  • 伊佐木の香梅蒸し
  • 俵御飯
  • 味噌汁、香の物

フルーツ

飲み物はオレンジジュースをいただきました。

ビジネスクラスでの飲食は美味しかったのですが、深夜便であることを考えると、飲食はラウンジで済ませてぐっすり眠るのが一番の贅沢なのかもしれません。

「ゆりかご」で眠れたとはいえ、短時間睡眠だったこともあり、ぼんやりした状態でクアラルンプールに到着。

そこに想定外の事態が待ち受けていました。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA