ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

ブログ1年、クレジットカードの現状と今後の方針

 

f:id:meinereise:20180503232438p:plain

 
はてなブログさんからブログ1年のお祝いをいただきました。
ありがとうございます。
 
SFC修行を思い立ったことで始めたこのブログ。
 
www.meinereise.me
 
これを機にクレジットカードの現状を整理します。
 
<目次>

 
  
以前、こんな記事を書きました。
 
www.meinereise.me
 
このうち2枚は今もメインとサブです。
 
 

メイン・ANA VISA ワイドゴールドカード

 

f:id:meinereise:20180503233558p:plain
【年会費9,500円でゴールドカード】ANA VISAワイドゴールドカード│ANA SKY WEB | ANAマイレージクラブ

 
ANA VISAワイドゴールドカードは、メインカードとして活用しています。
 
マイル付与率が高いのが魅力です。
 
基本的に1000円=1ポイント=10ANAマイル、つまり1%のANAマイル還元率であることに加えて、リボ払いによるポイント増と、ステージによるボーナスポイントがあります。
 
 

リボ払いでボーナスポイント

 
「マイ・ペイすリボ」の設定にしておくことで、年会費が半額になり、「ワールドプレゼント」のポイントが2倍になります。
 

f:id:meinereise:20180503234701p:plain
マイ・ペイすリボ|クレジットカードの三井住友VISAカード

 
しかしリボ払いは多額の手数料がかかりますので、それを回避するために、毎月「支払い金額の変更」をしなければなりません。
 
まあ、たいした手間ではありません。
時々忘れますが (^^;)
 
それと、支払い金額を増額する際に、リボ払い手数料が発生するように、全額返済してしまわないよう気をつけなくてはいけません。
これもうっかり全額返済しちゃったりしますが (^^;)
 
みなさまは気をつけてください。
 
無事にボーナスポイントがもらえれば、ソラチカルートで1ポイント=4.05ANAマイルに交換できます。
 
f:id:meinereise:20180504000730p:plain
 
基本ポイント(1ポイント=10ANAマイル)と合わせると、1ポイント=14.05マイル。ANAマイル還元率は1.405%と、かなりの高還元率になります。
 
 

ステージ別のボーナスポイント

 
さらに、前年の利用実績に応じたステージ制度があります。 
 

f:id:meinereise:20180504001204p:plain
ボーナスポイント|クレジットカードの三井住友VISAカード

 
私は昨年このカードを作ったので、今年度からステージ制度の恩恵を得ることができます。
 
しかし上の表を見ても、どれくらいボーナスがもらえるのかピンと来なかったので、一覧表を作ってみました。
 
f:id:meinereise:20180504002146p:plain
 
マイ・ペイスリボの利用を前提にしていますが、ステージV3で300万円利用すれば1年で約5万ANAマイル貯まる計算です。
 
年間累計金額の項目が200万、250万、300万と刻んでいるのは、自分の利用金額がその辺りだろうという想定によるのですが、毎年300万円分の支出をこのカードに集中すれば、それだけで5万マイル貯まることが分かります。毎年250万円なら3万8000マイルです。
 
今年度はこのカードを集中的に利用して、300万円目指すかなー。
 
 

サブ・エポスゴールドカード

 
f:id:meinereise:20170627040028p:plain
 
これは前回の記事で書いたばかりなので、詳細は割愛します。
 
www.meinereise.me
 
リボ払いを前提としていますが、事前に全額返済してもポイント付きます。
それと混同して、ANA VISAカードの方までうっかり全額返済しちゃったりするんです(泣)。気をつけよう。
 
f:id:meinereise:20180430170951p:plain
 
この表の通り、年間100万円利用したとして、2%以上のANAマイルが付与されることは間違いないでしょう。
つまり年2万マイル以上です。
 
私の場合、このカードを作ってから6月で丸1年になりますが、それまでに累計100万円利用した場合、現時点の概算で5万エポスポイント=3万ANAマイルは超えそうです。
 
 

2枚のカードで年7万ANAマイル超

 
ANA VISAゴールドカードで年300万円利用し、エポスゴールドカードで年100万円利用すれば、最低でも7万マイル(たぶん8万マイルくらい)貯まることが分かりました。
 
これ以外にも 
 

  • 楽天などネット通販の利用
  • ネット通販利用時の「ANAマイレージモール」やポイントサイト経由
  • 「ANAカードマイルプラス」の対象店舗での利用
  • その他、クレジットカードの優待ポイント

 
など、クレジットカード利用に絡むさまざまなシーンでANAマイルは貯まります。
 
前回の記事で書いたエポスゴールドカードの「10%ポイントプレゼント」とか、楽天の店舗による「ポイント10倍」とか、そういうチャンスは結構多くて、ANAマイルも一気に貯まります。
 
 

目標は95,000ANAマイル

 
私の場合、年1回のドイツ旅行をビジネスクラスで行きたいので、95,000マイルが目標です。(少し前まで90,000マイルでしたが制度が変わって値上がりしました)
 
上の計算から考えると、日々の支出をクレジットカードで支払うだけで目標はクリアできそうです。
 
 

ポイントサイトは補助的に

 
この1年はSFC修行のためにポイントサイトでマイルをたくさん貯めましたが、今後はクレジットカードからのマイルが足りない時だけお世話になればいいかなあ……と考えています。
(ポイント交換やショッピングポイントは活用させてもらいます)
 
ポイントサイトは、陸マイラーになったばかりの頃にも1年ほどお世話になりましたが、やはり私には1年が限界という感じ。
 
ある程度の数の案件をこなすと、使える案件がなくなってきます。
その時期が、私の感じではだいたい1年。
 
案件をこなすには時間や手間もかかるので、私にはそれなりに負担なのですが、その点、クレジットカード利用はカードで決済するだけです。
細かい注意事項はありますが(リボ払いの対応など)、習慣になれば負担感は少なくて済みます。
 
ポイントサイトの高額案件も、完全にやめるつもりはありませんが、少々控えめにしようと思っています。
 
10万マイルくらいはクレジットカードで貯めて、8万マイルくらいポイントサイトで貯めれば、毎年ファーストクラスでドイツ行けちゃうかなー。
それくらいなら、負担を感じずにポイントサイトも利用できるかもしれません。
 
 

余談ですが、Edyにさよなら

 
クレジットカードとは直接関係ない話になりますが、ずっと愛用してきた「楽天Edy」の使用を取りやめることにしました。
 
Edyは、クレジットカードからのチャージで0.5%ANAマイル相当(チャージでポイントが付くカードは限定的です)、「ANAマイレージクラブモバイルプラス」への加入(月300円+税)でEdy利用マイルが3倍=1.5%ANAマイル、合わせて2%ANAマイルが貯まります。
 
www.ana.co.jp
 
しかし、iPhoneでEdyが使えないこと、フィーチャーフォンサービスが6月で終了することを受けて、たいへん残念ですがこの「モバイルプラス」サービスを3月いっぱいで解約しました。
 
モバイルプラスのためにフィーチャーフォンを愛用してきたのですが、ついにiPhoneに乗り換えました。
 
このサービスは、ANAマイルを貯めることに地味ながら大きく貢献してくれていたので、たいへん残念です。
ただ、モバイルではなくカードでも使えるらしいので、研究の末に復活するかもしれません。
 
今後は、電子マネー決済は iDを中心に利用します。
ANA VISAワイドゴールドカードに紐つけしているので、マイル付与率はEdyに比べ目減りしますが、目標の300万円に寄与してくれるはずです。
 
 

ブログ1年の所感

 
ブログ1年を機に、陸マイラーとしての方針を整理してみました。
 
陸マイラー業界(?)では最近、ポイントサイト利用が主流で、クレジットカードでは大してマイルは貯まらないと言われています。
確かにその気になれば、ポイントサイトでは年20万マイル以上を貯めることが可能です。
一方でクレジットカードで得られるマイルは利用金額、あるいは収入に影響されるのも事実です。
 
でも、だからと言って、ポイントサイトは誰でも大量にマイルを貯められるからクレジットカードで貯める必要はないというのは違うんじゃないかな?と感じていました。
 
この1年、ポイントサイトを活用してみて、その意を強くしました。
ポイントサイトの高額案件、つまりクレジットカード発行やFX取引とか、私がよく利用したリラクゼーション・整体は、やっぱりある程度の経済力を前提としています。
 
その一方で、クレジットカードでのマイル獲得は、言われるほど多額の費用が必要なわけではありません。
 
上に書いた通り、年間10万マイル程度を貯めるためには、年間400万円程度で十分可能なのです。
400万円って、一度に使う金額としては大金ですが、もしかして年間だったら、世帯でそれくらい使ってませんか? 
「全ての支出をクレジットカードで」と心がければ、一定の経済力がある人にとって不可能な数字ではありません。
ポイントサイトでポイントをたくさん貯められる人なら、クレジットカードでもこれくらいは貯められるのではないでしょうか。
 
目標マイル数も重要です。
 
私は「ビジネスクラスでドイツ旅行」が目的なので「9万5000マイル」が目標ですが、目的は人それぞれ。
もっと少なくていいという人も多いのではないでしょうか。
人気のハワイはハイシーズンのビジネスクラスでも6万8000マイルです。
上記のようにクレジットカードで400万円決済すれば余裕で年1回行けます。
 
マイルは貯めすぎても使い道に困るんですよねー。
 
現金代わりに使うなら、マイルより別のポイントの方が使い勝手がいいです。
ビジネスクラスとかファーストクラスとかの航空券に換えるのが目的でないなら、マイルはあまり良い選択肢とは言えません。
 
そう考えると、ポイントサイトでそんなにガツガツ貯めなくても大丈夫。
きちんと目標を定めて、その分だけ貯めればいいんです。
 
何と言っても、ポイントサイトでポイント貯めるのって、けっこうたいへん。
時間と労力がかかります。
特にポイントサイト利用を始めて1年もすると、利用していない案件がなくなってきて、探すのに延々時間を消費したりします。時間の無駄です。
場合によっては資金も必要。その分ポイントで戻ってくるとはいえ、本来なら購入する必要がないものを購入してしまう場合もあるでしょう。お金の無駄です。
 
何よりポイントサイトは「利用したのにポイントがつかない!」などといったストレスがつきものです。
 
残念ながら、そういう面でポイントサイト側の対応はまだ十分でないと個人的には考えています。
利用者保護という面でも、逆に獲得ポイント(収入)に対する課税という面でも、現状では法の想定外、抜け穴というポジションなのは否定できません。
違法ではありませんが、後ろめたさや胡散臭さを感じる人もいるでしょう。
 
私は陸マイラーなので、ポイントサイト利用を否定する気は全くありません。
良くも悪くも法整備前の「抜け穴」であることを理解しつつ、今後も使い続けます。
 
クレジットカード利用をメインに、ポイントサイトは不足を補う程度に。
 
それで十分だし、それくらいが時間的労力的負担もストレスも少なくて済みます。
 
もうすぐSFC修行をスタートします。
無事に終了したら、今年もドイツ旅行を計画します。
頑張ります!