ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

国境の街ゲルリッツへ:2017ドイツ旅・東独を感じる小旅行編5

 
ドイツ旅4日目、9月26日(火)。
 
ドイツ東部の水郷地帯シュプレーヴァルト(Spreewald)を堪能しましたが、小旅行、まだまだ続きます。
 
国境の街ゲルリッツ(Görlitz)を目指します。
 
f:id:meinereise:20171129013921j:plain
 
<目次>

 
 

小旅行のスケジュール

 
今回の小旅行は、ネットで見つけた、今は募集していない現地ツアーの旅程を真似しています。
 

f:id:meinereise:20171115223452p:plain

 
リュベナウ(Lübbenau)で、しっかり「街歩き」までしてしまったため、ちょっと遅れています。
ここまでの過去記事はこちら。
 
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
www.meinereise.me
 
予定より1時間遅れて、リュベナウ駅を出発しました。
 
 

まずはコトブスへ

 
リュベナウまで来た時と同じ路線に乗って、まずは終点コトブス(Cottbus)へ。
 
f:id:meinereise:20171116012842j:plain
リュベナウ駅
  
 

チッタウ行きに乗り換え

 
コトブスでチッタウ(Zittau)行きに乗り換えます。
 
f:id:meinereise:20171128230020j:plain
コトブス駅
 
ホームが低いので、荷物がある人はたいへんですねー。
ドイツには時々こういう駅があります。
 
車内はこんな感じ。
 
f:id:meinereise:20171128230125j:plain
 
車窓からホームを見ると
 
f:id:meinereise:20171128234750j:plain
 
「コトブス」の表記もドイツ語と、ソルブ語の二重表記になっています。
 
 

シュプレムベルク以降の切符を買う

 
この列車の中では、ひとつ、ミッションがあります。
 
購入したチケットはシュプレムベルク(Spremberg)まで。
 
その先、ゲルリッツまでの分は、検札が来た時にチケットを追加購入しなくてはなりません。
チケットを2日前に購入した時の経緯はこちら。
 
www.meinereise.me

 
DB(ドイツ鉄道)のカウンターで、シュプレムベルクとゲルリッツの往復分は車内で購入する必要があると言われました。
 
本当にそれでいいのか、一抹の不安を抱えてドキドキしながら、シュプレムベルクより先へ行くのを待ちます。
 
f:id:meinereise:20171129015301j:plain
車窓から
 
シュプレムベルクを過ぎると、想定通り検札が来ました。
 
手持ちの切符を見せながら「ゲルリッツまで行きたい。車内で買うよう言われた」と伝えると、何の問題もなく残る区間の切符を発券してくれました。
 
拍子抜けするくらい簡単でした。
ホントに普通の、当たり前のことのようです。
 
ゲルリッツまで片道10.70ユーロ。友人と2人分で21.40ユーロです。
ちなみにクレジットカードは使えません。現金のみです。
 
というわけで、無事にゲルリッツ到着。
 
駅はリュベナウ同様、閑散としています。
 
f:id:meinereise:20171129023046j:plain
 
乗って来た列車が出発しました。16:19、時間通りです。
 
f:id:meinereise:20171128235025j:plain
 
階段を降りると駅構内は美しく装飾されていました。
 
f:id:meinereise:20171129023158j:plain
 
天井のタイルの模様、つい写真を撮りたくなります。
 
f:id:meinereise:20171129023210j:plain
 
両サイドの窓の模様も、シンプルだけどかわいい。
 
 
もう夕方ですが、駆け足でゲルリッツの街を見て回ります。