ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

音楽をお得に聴こう:ドイツ旅の魅力1

 
このブログ、「ねことドイツとANAマイル」というタイトルなのに、ドイツのこと、まだほとんど書いていません。
(ねこのことも書いていませんが、まあ、それは置いておいて……)
  
そこで、過去のドイツ旅行について、少しずつ書いていきたいと思います。初回は音楽がテーマです。

なお、いちいち「ドイツ旅行(オーストリア・ウィーン含む)」などと書くのは煩雑なので、ウィーン旅行も含めてざっくり「ドイツ旅行」と記します。ウィーンはドイツじゃないよ!という指摘は、聞かなかったことにしますのでお許しを。


<目次>

 
 
f:id:meinereise:20170719184021j:plain

というわけで早速、ウィーン国立歌劇場(と路面電車)の写真です。すみません。ドイツ旅と言いながら初回はウィーンです。
(関係ないけど、この赤い路面電車かわいいー。大好きです)
 
 

美味しすぎる演目

 
2016年9月のウィーン旅行は5泊7日でした。そして毎夜、オペラかミュージカルを鑑賞しました。
 
1日目 フォルクスオーパー「サウンド・オブ・ミュージック」
2日目 フォルクスオーパー「魔笛」
3日目 国立歌劇場「ローエングリン」
4日目 国立歌劇場「カルメン」
5日目 国立歌劇場「トゥーランドット」
 
すごくないですか? 人気演目がずらり、充実のプログラムです! 美味しすぎます!!
 

オペレッタにはまる

ウィーン・フォルクスオーパーは、オペレッタやミュージカルを中心に上演していて、国立歌劇場より敷居の低い、身近なオペラハウスです。

この時は残念ながらタイミングが合わずオペレッタは見られませんでしたが、ここの「こうもり」や「メリー・ウィドウ」は何度見ても楽しくて、飽きることがありません。

「サウンド・オブ・ミュージック」も、世界的に大ヒットした映画に勝るとも劣らない、楽しくてレベルの高い、素晴らしい舞台でした。また見たいです!

以前見た「マイ・フェア・レディ」や「ヘンゼルとグレーテル」も、すっごく良かったのでまた見たいし……。

フォルクスオーパーが日本にあったら、クラシックが退屈だなんて誰も思わないんじゃないかなって思うくらいの楽しさです。機会があったら是非とも鑑賞してみてください!
 
ウィーン国立歌劇場は、クラシック音楽を聴かない人でも名前はご存知でしょう。世界指折りの歌劇場です。
 
▼開演前の国立歌劇場の内部。オケピットが見えます
f:id:meinereise:20170719183243j:plain
▼1階最後部は立ち見席。料金は数ユーロです
f:id:meinereise:20170719183314j:plain
 

世界最高レベルなのに安い

 
この5日間は、それぞれの演目が、本当にそれぞれに素晴らしかったのです。シーズン初頭だったからなのかな。ウィーンの美しい音色と、しっかり気持ちの入った高い完成度。
語彙が貧弱でうまく説明できませんが、私の人生の中でも飛び抜けて幸せな5日間でした。
 
こんなに感動的なのに、しかも、日本では考えられないくらい、お安いのです。

ローエングリンは一番高額な席を取りましたが、それでも20,000円程度。
国立歌劇場の残る2演目は、そこそこ良い席で12,000〜13,000円程度でした。
フォルクスオーパーに至っては7000円ほどです。ちゃんと良い席で鑑賞して、この金額。安すぎです。
 
5日間の合計は、なんと60,000円程度ですよー。
同等の席で比較したら、ウィーン国立歌劇場の日本公演1回分くらいの金額です。
フォルクスオーパーも日本公演は40,000円くらいすることを考えると、この旅と同じ5演目を日本で鑑賞すると合計25万円くらいかかる計算です。
 
しかも、実際はこんなプログラム、日本公演でまとめてやってくれないでしょう。
日本では見られない、聴けないレベルの舞台が楽しめて、それなのに、ずーっと安いのです。
もう、病みつきです。

交通費はマイルだから

マイルを貯めれば、往復交通費はマイルで支払えますからねー。旅費とトータルで考えても、日本で引っ越し公演に行くより絶対安いです。
 
この時は急に旅行することを決めたため、マイルではなく普通に格安航空券を購入したのですが、エクスペディアで航空券+ホテル合わせて15万円くらいでした。オペラチケット代と合計で21万円程度です。マイルを使って特典航空券を取っていれば、10万円程度で済んでいた計算です。

演奏も「アウェー」(日本)より「ホーム」(ウィーン)の方が、良いことはあっても悪いはずがないでしょう。
 
ウィーンは「音楽の都」と言われるだけあって、レベル高いのですが、ドイツの他の都市も負けていません。
私は特にベルリン、ミュンヘンも好きなので(音楽も街も)、最近はウィーンを含めた3都市を交代で訪れている感じです。
 
旅の楽しみはいろいろありますが、何度も訪れたくなるのは、こういう「感動体験」ができる場所と、そこでしか味わえない食べ物・飲み物、そこでしか買えないもの、と思います。
 
食べ物や飲み物、ショッピングについても、近いうちにご紹介できればと思っています。