ねことドイツとANAマイル

ANAマイルをためて毎年ドイツを旅しています

[SFC修行]研究3:実施時期を考える

2018年にSFC修行をしようと決めましたが、いつにするかも悩みどころ。
今回は実施時期を考えます。


<目次>

 
 

1〜3月が多いけれど

 
先人のブログを読んでいると、圧倒的に1〜3月を狙っている人が多いので、その時期がいいのかなあと思っていたのですが……。

1〜3月を狙う理由は主に以下の2点のようです。

  • ステイタス到達後から翌年末までプレミアムメンバーとしての特典が受けられるので、早く「解脱」した方が長期間享受できる
  • お正月期間を除けば1〜3月はチケットが安く、入手もしやすいので修行向き

 
 

飛行機に乗らなければプラチナの意味なし

 
SFCに必要なステイタスはプラチナなので、
当然私もプラチナを目指しています。
 
www.ana.co.jp
 
ANAのサイトをみると、プラチナにはたくさんの特典がありますが、私が楽しみにしているのは飛行機に乗るための特典です。
チケット入手時や搭乗時に優先的な扱いを受けられること、これに尽きます。
 
逆に言うと、飛行機に乗らないのであれば、ただの宝のもちぐされなんですね。当たり前のことですが。
 
私の場合、来年も今と同じ仕事をしているなら、秋にドイツかオーストリアにビジネスクラスの特典航空券で旅行するのが精いっぱいでしょう。
 
それなら夏までに解脱していれば十分。焦らなくてもよさそうです。
 
 

冬のリスク

 
現時点で私は、「OKA-SINタッチ」2回+「三角飛び」1回=計3回の修行を予定しています。
 
www.meinereise.me
www.meinereise.me
 
このうち「OKA-SINタッチ」の行き先、つまり、沖縄とシンガポールに個人的な不安があるのです。
実は私、蒸し暑い気候に弱いんですよね……。ドイツ好きなだけあって、寒い地域の方が得意なんです。
とりわけ真冬の東京からシンガポールや沖縄に行ったら、その気温差に耐えられるかどうか……。かなりの確率で体調を崩すでしょう。たぶん風邪ひきます。
 
それにシンガポールは、蚊が媒介する病気にかかるリスクもあると聞きます。ジカ熱とかデング熱とか。私、蚊にさされやすい体質なので、これも心配です。虫除けを万全にして、空港から出ないつもりですが、それでも心配。
気温差のせいで風邪をひいて熱が出ただけでも、ジカ熱やデング熱を疑われて隔離されるんじゃないかとか、そんなことも不安に思ったり。
 
しかも、外国に行く際は会社に「海外渡航証明書」を提出しなくてはならず、この明らかに変な旅程を上司や同僚に説明しなくてはならず、月曜は昼ごろの出勤となることにもご理解いただかねばならないのです。それなのに、体調を崩してさらに休む羽目になったりしたら、シャレになりません。うーむ。
 
さらに、雪のリスクもありますよね。月曜の午前中に羽田に戻るはずが、「東京は雪で着陸できません」とか……。かなりマズイ。
 
次から次へと不安が頭をよぎります。
 
 

4〜6月も閑散期

 
ANAの特典航空券はシーズンによって3種類に分類されているので、その表を参考に見てみました。
  
f:id:meinereise:20170515033517p:plain
 
これは日本ーアジアのシーズン表ですが、何と、2〜3月はレギュラーシーズンです。勝手にローシーズンだろうと思い込んでいました。
 
一方、ゴールデンウィークを除いた4〜6月はローシーズン。
この時期なら、気温差の懸念や東京の降雪のリスクは低減します。
 
「三角飛び」で札幌へ行くので、これは4月を避けた方が無難でしょうね。
そう考えると自動的に、まず4月にOKA-SINタッチ1回目、5〜6月に2回目と三角飛びという計画になります。
 
4〜6月は株主優待券も叩き売りシーズンなので、ヤフオク価格で1枚1,000円程度です。1〜3月だと5,000円くらいするようですから、「プレミアム株主優待割引」を使う予定の私には、やはりこの時期が合っていそうです。
 
ということで、修行までには、まだ11カ月ほどあります。焦らずに着々とマイルを貯めて、じっくり計画を練ることにします。